テロに屈しない姿勢を明確に

2015.2.6〜2015.2.19 NEWS HEADLINE<PHOTO OF THE WEEK>
 安倍晋三首相は12日の衆参両院の本会議で、第3次政権発足後初の施政方針演説を行った。冒頭でイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に触れ「テロと戦う国際社会で責任を毅然として果たす」と強調。農協改革や集団的自衛権の行使容認を具体化する安全保障法制の見直しなどを「戦後以来の大改革」と位置付け、「今国会で必ず成し遂げる」と決意を示した。

 首相は「非道かつ卑劣極まりないテロ行為を断固非難する」と述べ、「日本がテロに屈することは決してない」と重ねて言明。中東への人道支援を続ける姿勢を明確にした。