【東京のおもてなし】日本の魅力であるおもてなしの心を商品とサービスを通じて国内外へ発信

「お・も・て・な・し」。2020年のオリンピック・パラリンピックを東京へ招致するための最終プレゼンテーションでこの言葉が使われて以来、「おもてなし」は今の日本のキーワードになっている。東京はもちろん、全国各地でこの言葉をスローガンに掲げ、国内外からのお客様を呼び込むために、さまざまな取り組みが行われている。

「おもてなし」が大きな波を作るなかで、プロジェクト「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)」が立ち上がった。おもてなし心があふれる商品やサービスを募集・発掘して、国内外に発信することを目的とするもので、2月5日には2014年度の受賞として、47の商品やサービスが発表された。

 ラインアップは、米や酒や菓子といった食品や、照明や加湿器のような電化製品、衣料品やバッグや履物などファッションアイテム、食器、日用品などバラエティーに富むが、いずれも日本の伝統的な技術や素材を用いながら、現代的なセンスを融合させたものになっているのが特徴だ。伝統に固執しないアップデートされたおもてなしの心をそれぞれの商品やサービスから感じ取ることができる。
11日から日本橋でイベント

 日本橋高島屋で、11〜17日までの期間限定で『OMOTENASHI Selection in 日本橋高島屋』が開催される。選定された47の商品を一堂に揃え展示販売する。14、15日には、受賞事業者によるトークや実演イベントも行われる予定だ。
 日本が世界に誇る、おもてなしの心を、体感できる機会になりそうだ。

写真:2月5日に行われた授賞式の様子