反プーチン急先鋒が射殺される

2015.2.20〜2015.3.5 NEWS HEADLINE<PHOTO OF THE WEEK>
 ロシアの野党有力指導者、ネムツォフ元第1副首相(55)が2月27日夜、クレムリンや赤の広場に近いモスクワ中心部の橋で何者かに銃撃され、死亡した。

 ネムツォフ氏はエリツィン政権下で第1副首相を務めた後、野党に転じた。プーチン政権批判の急先鋒として知られ、1日にはモスクワ市内でロシアのウクライナ介入に反対する大規模デモを計画していた。