“爆買”で1000億円以上を消費

2015.2.20〜2015.3.5 NEWS HEADLINE<PHOTO OF THE WEEK>
 中華圏の旧正月である「春節」休暇(18〜24日)に中国人らが約45万人が訪日。これは史上最高の数字。炊飯器や高級時計などを大量購入、いわゆる“爆買”し、合計1000億円以上を消費した。

 百貨店大手4社は2日、2月の既存店売上高(速報)を発表したが、いずれも前年同月を上回った。訪日中国人客が高額品を買い求め、全体を押し上げたとみられている。