東京で再発見!新旧クールジャパン part.3

江戸から東京へ受け継がれる和の文化
日本橋 桜フェスティバル〜ビューティフル日本橋〜
日本橋で江戸の春を満喫


 日本に古くから伝わる、花見の楽しみ。江戸桜通りや日本橋さくら通りなど、昔ながらの桜の名所が多数ある日本橋で、いろいろなスタイルで和テイストな春を楽しめるイベントだ。

 三井本館などの歴史的建物を桜色に照らす「桜ライトアップ」などに加え、今年は新たに福徳神社へと続く参道「仲通り」沿いに、“アート”なお花見が楽しめる「花見舞台」が初登場。提灯や行燈とともに華やかに彩られた仲通りを歩いて、日本の美に酔いしれたい。愛でるだけが日本の春ではない。仲通り・浮世小路を封鎖し、日本橋の飲食店の屋台が登場する「夜桜オープンバル」(28、29日)や、お得なクーポンチケットでお店めぐりができる「ニホンバシ 桜バル2015」(30〜4月5日)、和の美と食が融合した「食べるアート展」など、期間限定企画が盛りだくさん。また期間中、コレド室町他では桜やお花見をモチーフとした期間限定メニューやグッズが登場するコレド桜 WEEKSなども開催。3月21日から4月12日までの土日は、日本橋地域をめぐる「日本橋桜バス」が無料で利用できるので、日本橋めぐりに活用して。

g07-2.jpg
1.「アメシン×長岡勉 NIHONBASHI春細工展」(開催中〜4月12日)
2.北大路魯山人に導かれ、日本の美食の世界に迫る体感型アート展。『食べるアート展 L’art de Rosanjin —魯山人と新・美食倶楽部—』(開催中〜24日 11〜23時 日本橋三井ホール 入場一般1000円)
3.「桜ライトアップ」(18時30分〜23時 三井本館、コレド室町1・3、日本橋三井タワーYUITOなど)


『日本橋 桜フェスティバル 〜ビューティフル日本橋〜』
【期間】開催中〜4月12日(日)【会場】仲通り、日本橋室町エリア他【URL】http://www.nihonbashi-tokyo.jp/sakura2015

Roppongi Hills SPRING 2015
お花見を六本木スタイルで


 12年前に植えられた六本木さくら坂の桜が、今では見事な並木に成長。すっかり六本木の桜の名所となっている。昼間の桜も良いけれど、ナイトライフも充実する六本木だけに、ライトアップされた夜の桜も楽しみたい。六本木ヒルズでは、毛利庭園と六本木さくら坂をライトアップ。幻想的な花の宵を演出する。中でも今年の注目は、ウルトラテクノロジスト集団・チームラボによる「クリスタル花火」(27〜5月6日予定)。毛利庭園の池の水上に高さ約8メートルのLEDで覆われた円柱のオブジェを設置し、来場者が自分のスマートフォンで好きな花火を選ぶと、オブジェに立体の花火が打ちあがるという仕掛け。桜と花火の競演を堪能しよう。

 テイクアウトできる桜スイーツも期間限定で登場するので桜を愛でつつ味わって。

『Roppongi Hills SPRING 2015』
【期間】4月3日(金)〜4月5日(日)※イベントにより異なる【会場】六本木ヒルズ【URL】http://www.roppongihills.com/