EXILE 白濱亜嵐 & 佐藤大樹 INTERVIEW

3月25日に3年ぶりとなるオリジナル・アルバム『19 ―Road to AMAZING WORLD―』をリリースするEXILE。2014年、新たに5人のメンバーを加え始動した第四章・新生EXILEの初となるアルバムでもある。また、同アルバムを引っさげ、秋からはライブツアー「AMAZING WORLD」もスタート! 新メンバーとして加入した白濱亜嵐と佐藤大樹が現在の思いを語る。
今の僕の目標は、EXILE魂を持ったパフォーマンスとEXILEらしい態度を追求し、真のEXILEになることです(亜嵐)

一木「2人は昨年の『EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION』で選ばれ、パフォーマーとしてEXILEに加入したわけですが、夢が実現した瞬間から、現在に至るまでの思いを教えて下さい」

佐藤大樹(以下、大)「僕がEXPGの生徒だった時から、HIROさんがずっとおっしゃっていた“夢は努力し続けたら必ず叶う”ということが、本当だったんだなと思いました。今はHIROさんのおっしゃる通りだったと身をもって実感しているところです」
白濱亜嵐(以下、亜)「僕は最初、大樹と同じEXPGの生徒で、そこから劇団EXILEに入って、そのあとGENERATIONSに入り、EXILEと、いろいろな過程を経ての加入でした。その中で、もちろんEXILEになりたいという思いはずっとありましたし、EXILEに対する思いは一貫してブレていないという自信があります。ですから、EXILEとして活動させていただいている今でも、その思いは常に持ち続けていたいと思っています。僕がEXILEを見てダンスを始めたように、僕のことをみてダンスを始めるような子供たちが出てきたらいいなと、EXILEに入ってみて、より強く感じています」

一木「3月25日にリリースされるニューアルバムが、新生EXILEとしての初のアルバムとなると思うのですが、アルバム作りはいかがでしたか」

亜「今回のアルバムには、僕らが加入する前からの楽曲なども入っていますし、ドキュメンタリーも第三章から第四章に移り変わる内容になっています。ですので、僕自身は半分は自分たちのアルバムだなという感じもしてますし、もう半分はこれまで見てきた先輩方の姿を感じられるアルバムだと思っています。そういう意味で、僕自身は主観的にも見られるし、客観的にも見られるアルバムだと思います」
大「僕はレコーディングにも立ち合わせていただいたことが印象深いです。新生EXILE第四章、一発目の『NEW HORIZON(ニュー・ホライズン)』と『BELIEVE IN YOURSELF(ビリーブ・イン・ユアセルフ)』のレコーディングです。ちょうどその『BELIEVE IN YOURSELF』の時が、新しいアルバムの収録曲が全部撮り終わった日で、そういう日に立ち会うことができ、不思議な感じがしました。自分たちの初めてのアルバムができる過程の最後にその場にいられたことはとても貴重な体験になりました」

一木「新しいアルバムの中で、聞いた人が元気になれる曲、または自分たちがポジティブになれるお気に入りの曲はありますか」

大「『BELIEVE IN YOURSELF』です。曲調もですが、テーマが“Take it easy”って言って、“気軽にいこうぜ”という意味の前向きになれる曲です。また、それを表現するのに、ミュージックビデオも、自分たちのスマートフォンでお互いを撮りあったり、自分の姿を撮ったりしているので、ファンの皆さんに楽しんでいただけるのではないかと思います。今まで見せなかったEXILEのメンバーが見られる曲ですので、聞いていてもそうですし、映像を見ていてもすごく気持ちが乗ってくる曲です」
亜「僕は『DANCE INTO FANTASY(ダンス・イントゥ・ファンタジー)』。今回のアルバムに新たに収録した新曲なんですけど、ボーカルが歌っている楽曲なのに、ミュージックビデオには、パフォーマーだけが出るという新しい挑戦をさせていただいた楽曲です。それは、EXILE第四章としての新しいEXILEのパフォーマンスの見せ方になっていると感じますね。わかりやすく言うと、第二章の時の『SUPER SHINE(スーパーシャイン)』の現代版じゃないですけど、そういうテイストで作られていて、本当にEXILEのダンスの歴史を僕自身が感じることができました。タイトル通り、素敵な踊りが詰まったミュージックビデオにもなっているので、楽しんでいただけるんじゃないかと思います」

とにかくがむしゃらに、とにかく目の前のことに全力で取り組み、EXILEとしてファンのみなさんに胸を張って挨拶ができるようになりたい(大樹)

一木「昨年、オーディションで新メンバーになったわけですが、それまでも亜嵐君なんかはGENERATIONSとかで、EXILEの先輩方を見てきましよね。そこで実際に自分がEXILEになってから影響を受けた先輩とかはいますか」

亜「先ほども言いましたけど、とにかくずっとEXILEになりたいという思いがありましたので、HIROさんをはじめ、EXILEの先輩たちにはすごくあこがれがありますが影響というとEXILEでありながら、三代目J Soul Brothersを兼務してリーダーをやってらっしゃるNAOTOさんとNAOKIさんです。僕もEXILEとGENERATIONSのリーダーをやっているので立場が似ているお2人と一緒にいるだけで、本当に勉強になることが多いです。同じ目線から具体的なアドバイスを下さいますしすごく分かりやすく、僕の立場を理解してくれているんだといううれしさもあります」
大「僕は新メンバーとして新しく加入したということで、二代目J Soul Brothersのみなさんです。自分たちも新メンバーとして加入したので、第三章が始まった時に新メンバーだった7人が、当時のことを振り返っていろいろと教えて下さるんです。例えば、自分たちが入った時にはどうだったかとか、環境が突然変わってどういう気持ちだったかっていうのを、食事に連れて行ってくださった時などに聞かせて下さる。本当に親身になって教えてくださるし、こうしたほうがいいんじゃないかなど、アドバイスをいただきます。見ていても勉強になりますし、背中がとても大きく見える、頼りになる先輩たちです」

一木「アルバムと同タイトルのライブツアーも始まりますが、それに向けての気構えなどがあれば教えて下さい」

大「やはり、EXILEになってからの一発目のツアーなので、とりあえず新メンバーとして、がむしゃらに、そしてとにかく目の前のことに全力で挑みたい。EXILEメンバーとして自分が胸を張ってファンのみなさまに挨拶ができる顔見せのライブだと思うのと同時に、今までのEXILEのライブで一番良かったねって言われるライブにしたいですね」
亜「今年はGENERATIONSとEXILEの2本のライブツアーがあります。ライブは僕にとって至福の時間。ですからEXILEとして、しっかりとしたパフォーマンスをお見せしたいと思います。しかし一方で等身大な気持ちも絶対に忘れちゃいけないと思っているので、そこは真摯に追い求めて行きたい。EXILEに入ったからには、EXILE魂を持った上でのパフォーマンスと、EXILEらしい態度を追い求めて、このツアーで心からEXILEになりたいと思います。いち早く先輩方に追いつけるようになりたいので、このライブで本当のEXILEになることを目標に全力で走り続けます」

一木「最後に、岡山のファンにメッセージをお願いします」

亜「出身が愛媛なので、岡山には小さい時からよく遊びに行っていました。親に連れられていった倉敷は、古い町並みが子ども心に素敵だなと思ったのを覚えています。そんな思い入れもあるし、これからも何かの形で岡山のみなさんと関わることがあると思うので、その時は応援して下さい。GENERATIONSとしては、今年グループとして初めて岡山(倉敷市民会館)でライブをやりますので、遊びに来てください」
大「岡山には行ったことがありませんが、ダンスを通じて日本を元気にする『夢の課外授業 Rising Sun Project』というのをやらせていただき、いろいろな所を訪れているので、いずれ岡山にも行けたらいいなと思っています。またEXILEとしても、いつか47都道府県でライブをやりたいと思っていますので、いつかそれが実現のものとなるよう、岡山の方と近くで触れ合いたいと思っています。その機会が訪れたら、生のパフォーマンスを見に、足を運んでいただけたらうれしいです!」
NULL
一木広治(ICHIKI KOJI)
株式会社ヘッドライン代表取締役社長/二十一世紀倶楽部理事・事務局長/夢の課外授業総合プロデューサー/2020東京オリンピックパラリンピック招致委員会・事業広報アドバイザー(2011年~2013年)/LDH顧問エグゼクティブプロデューサー/ローソン・ローソンHMVエンタテインメント顧問/アンファー顧問/モブキャスト社外取締役/チヨダ顧問/総合PR会社vector(ベクトル)顧問/ USEN顧問