大竹しのぶと三浦春馬が初共演!! テネシー・ウィリアムズの問題作に挑む

 東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで5月7日から上演される『地獄のオルフェウス』の制作発表会見が25日、Bunkamuraオーチャードホール ビュッフェで開催された。主演を務める大竹しのぶ、三浦春馬、水川あさみ、三田和代、そして演出のフリップ・ブリーンが登壇した。

 この作品はテネシー・ウィリアムズが1957年に発表した戯曲で、1940年に初演された『天使のたたかい』を17年かけて改訂したもの。ウィリアムズが作家生命をかけて書いた自信作ともいわれている。

 物語の舞台は偏見と慣習にとらわれた小さなコミュニティー。愛のない結婚をし、淡々と日常を過ごしている女のレイディの前に青年ヴァルが現れる。やがてヴァルが放つ違和感はコミュニティーの中に波紋のように広がって、レイディをはじめとした人々の欲望を触発していく。

 自由な心が暴力的な抑圧に踏みにじられていく過程が濃密な感情の行き交いの中で描かれる問題作だ。

 レイディを演じるのは『欲望という名の電車』で紀伊国屋演劇大賞を受賞して以来のウィリアムズ作品への出演となる大竹。「絶対面白くなるという予感がします。見ている人が刺激的な一夜を過ごせるような、劇場から出たときに心地よい疲労感が残るような芝居を作りたい。明日は日常に戻っていくにしても、劇場というものは本来そういう空間であるということをみんなに伝えることができたら、と思います」。

 今回ストレートプレイが初めてとなる三浦はやや緊張の面持ち。「1カ月間、諸先輩たちの中で素晴らしい戯曲と自分とも向き合える機会をいただけたことをうれしく思っています。こんな機会は一生の中であるかないかのことだと思っているので、稽古に入って一瞬一瞬を大切に過ごしていければと思っています」とそれぞれ語った。
 演出を手がけるのは現在イギリスで活躍中の新進気鋭の演出家フィリップ・ブリーン。シアターコクーンでは「オンレパートリー公演」という形で、これまで多くの海外の演出家を起用してきたのだが、ブリーンは初めての英国人演出家となる。

 大竹と三浦の初共演など話題の多い公演とあって大勢の報道陣が駆けつけた会見にブリーンは「こんなに大勢の取材陣が集まる製作発表はイギリスでも経験したことがない」と驚きの表情。フォトセッションに移る合間には出演者と記念写真を撮る一幕も。作品については「この作品はイギリスやアメリカでも頻繁に上演される作品ではなく、『欲望という名の電車』や『ガラスの動物園』に比べてもあまり知られていない作品。でもウィリアムズの作品の中でも素晴らしい戯曲ですし、豊かな洞察を持って、愛や人生の経験といったものが描かれた作品。主人公のレイディはウィリアムズが戯曲の中で書いた登場人物の中でも繊細でいろいろなニュアンスを持った素晴らしい人物。そういった人物を素晴らしい俳優の力を借りて作品の中で再現し、作品を作っていくことに非常に楽しみな気持ちを持っている」と語った。

 5月31日までBunkamuraシアターコクーンで上演され、6月6~14日まで大阪の森ノ宮ピロティホールで上演される。