真壁刀義&本間朋晃のラブラブ夫婦漫才に爆笑! プロレス女子の「マッドマックス」試写会レポ

 現在配布中の本紙巻頭を飾っている新日本プロレスの“暴走キングコング”真壁刀義選手。いよいよ6月20日から公開の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で声優デビューした彼と、相棒の本間朋晃選手によるイベント試写会に潜入してきました!

 まず客席を見渡すと、ファンクラブ招待試写のため皆さん両選手のTシャツやグッズで万全の装備。さすが新日、女性客が多いです。

 そしておなじみの入場曲とともに両選手が登場すると大きな歓声が。真壁選手の腰にはNEVERのベルトも!

「ディレクターに随分と攻め込まれた」と初声優の苦労を語る相棒に対し本間さんは「真壁さんが吹き替えをやると聞いて、字幕で見ました」とか「真壁さんはゴミみたいに転がってる人の役?」など失礼コメント連発。すかさず真壁さんが「オマエ、俺をアゲたいの? 落としたいの?」とツッコむなど完璧な夫婦漫才が続き、会場は大爆笑。アフレコはテイク2でOKだったと言えば「口が達者だから」、スイーツ好きについては「女の子みたい」とバサバサ斬る本間さんの発言に逐一ノリツッコミで返す真壁さん、目が優しい!

「この映画のヒロインみたいな強い女性が奥さんだとイイよね」と語る真壁さんの横で「強くならなきゃ」と呟くわ「真壁さんの奥さんになりたい」と告白するわ偏愛炸裂の本間さんですが、なんと毎日真壁さんのブログをチェックして予定も把握しているそう。ここまで大好きオーラ出されたら女性がつけ入る隙なんてないよなあ。



 さらにファンからの質問タイムで「女性をオトすフィニッシュホールドは?」と聞かれた真壁さんが一瞬タジタジになるも、本間さんが質問者を差し置いてホロ酔いの女性役を買って出るなど、ことあるごとにイチャつこうとする始末! 肩を寄せ合う2人の姿には黄色い声が飛び交います。

 そして興奮冷めやらぬまま終了時間に。タレント力のある掛け合いをはじめ、試合以外でも思い切り魅せられました。真壁さんが客席を指さし「この辺のオンナ共のツラは覚えてるぜ」と煽ったり、声援すべてに悪態で返答する姿にはキュン! なんて愛のあるファン・サービス。こりゃハマるわ~。きっと真壁さんは毒蝮三太夫さんのようにファンとの関係を末永く築くことでしょう。さておき、7.5大阪大会ではライバル石井選手とベルトをかけた対決です。やっぱりリング上のハードな姿が見たい!

 なお『マッドマックス』は最高のハイテンション・ロック・オペラ!スピードと迫力に呑み込まれます。プロレス女子は是非シャーリーズ・セロン演じるカッコいいヒロイン、フュリオサの活躍を観に劇場へッ!(柄本まなみ)


『マッドマックス 怒りのデス・ロード』公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/