大谷ノブ彦 カタリマス!(裏)
第43回 マンガみたいな野球が見たい!

 マンガみたいな野球が見たい! この連載でも言ったと思いますけど、僕はそういう野球が見たいんですよ。12連敗、交流戦史上最低勝率の横浜DeNAベイスターズが6月23、24日の対巨人戦に連勝。その後の対阪神戦ではまた嫌なムードが漂ってきましたが、30日には沖縄連戦の初戦を取り、3位につけてます。僕は言いたい。中畑清監督に期待するのはマンガみたいな展開です。もうフリは済みました、状況は十分整いました。ここから優勝です。これができれば、もう異例も異例、初めて尽くしの記録尽くしになりますよ。「交流戦史上最低の勝率から駆け抜けた!」。そんなスポーツ紙の紙面が…浮かんできます。

 そんなことが見え始めたのはやっぱり、育成から上がってきた砂田毅樹投手の存在ですね。24日の対巨人戦で登板。残念ながら勝ちはつかなかったですけど、彼は救世主になりうると思っています。

 僕が砂田投手を初めて見たのは沖縄キャンプに行った時。当時はまだ3ケタの背番号「111」をつけていました。育成の選手が投げるんだなあ、なんて見ていたんですが、彼があれよあれよって感じで投げる。左が弱いとベイスターズが言われるなかで、あの砂田投手の投球。三浦大輔投手に彼のことを聞いたら、「シーズンの途中で絶対に出てくるから、注目していてください」って言ってました。その時がいよいよ来たって感じです。そういえば、交流戦対日ハム戦で登板したときには、大谷翔平投手と投げ合ったんだけど、相手が大谷投手で注目されるから良かった、かましてやろうと思ったみたいなこと言ってましたね……いいじゃないですか。彼が後半戦活躍すれば、さらに上、優勝だって行けますよ。
 

 もう一つ、砂田投手に注目してほしいポイントがあります。それが、登録された背番号「68」ですよ。6と8、6月8日は僕の誕生日なんです。分かります? こういうことなんですよ! ここのところ、なかなか球場には行けてないですけれど、今度スタジアムに行った時には、投げる砂田をノブ彦が見守ります。

 今の状況で行けば、昨年の「来年はクライマックスシリーズに行きます」という目標は、確実に優勝に変わってくると思いますね。ファンのなかには、負け続けて焦っていつもの定位置だよって、いつも通り言い始めている人もいるけど、何言ってるの! 始まりでしょう! いい状況になってきてるでしょうって。大谷は一切あきらめていません。
kikimasu.jpg大地洋輔との本格派漫才コンビ・ダイノジで活躍。個人でリポーターや司会、DJ活動なども行う。1972年生まれ。
AM1242 ニッポン放送 毎週月曜日〜木曜日 午後1時〜午後4時 生放送