今年は”金魚の街”日本橋で涼と粋を体感しよう

 日本橋で日本の夏の文化を楽しむ人気イベント『ECO EDO 日本橋』がスタート。今年は、日本橋で江戸時代に始まった金魚を楽しむ涼の文化にフィーチャー。会期中は、日本橋エリア各所で“金魚の街・日本橋”を楽しむことができる。

 今年は、金魚と共に街を散策できる「ECO EDO 日本橋 金魚ナビ」が登場する他、海外からの観光客を対象に金魚をテーマとしたワークショップも多数開催。

 毎年、多くの人が足を運ぶ、水中アート展覧会“アートアクアリウム”も見逃せない。日本橋での開催5回目を迎える今年は『ECO EDO日本橋アートアクアリウム2015〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム』と題して、照明や映像、音楽、香りなど最新演出を用いた新作が多数発表されている。毎夜19時からは、アートアクアリウム・オリジナルの「金魚カクテル」などアルコールも楽しめる『ナイトアクアリウム』を開催。他にも金魚のデコレーションが施された「金魚船クルージング」や全国の猛者が一堂に集う「日本橋金魚すくいグランプリ」などの催しに加え、仲通りが金魚提灯で彩られたり、周辺商業施設や老舗店が金魚をモチーフとしたメニューやグッズを揃えたりと、まさに金魚づくし。期間中は、浴衣着用か『アートアクアリウム2015』のチケット半券を対象店舗で提示すると、サービスあり。
『ECO EDO 日本橋 2015 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜』
【期間】開催中〜9月23日(水・祝)【場所】日本橋エリア【URL】http://www.nihonbashitokyo.jp/ecoedo2015/