May J.「聞いてくれる人がいる限り、歌手は歌い続けられる」


 映画『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go〜ありのままで〜』は、老いも若きも男も女も一緒になって口ずさめる稀有な楽曲になった。子供のころからディズニー作品に囲まれて育ち、歌手を目指してからは、「いつか大好きなディズニーの歌が歌えたら…」という想いを抱えてきたMay J.だったが、その反響は想定外だった。「ライブで小さな子供から大人までみんなが一緒に歌ってくれるのを見ると、あの曲を歌えてよかったって気持ちでいっぱいになるんです。これからもやっていけるって。歌手って聞いてくれる人がいる限り、歌い続けられる。心からそう思いますね」

 ディズニーとMay J.の相性の良さは疑いもないようで、新曲『Sparkle −輝きを信じて−』もまた、ディズニーとのコラボ。ニンテンドー3DS専用のソフト『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2』(11月5日発売予定)のテーマソングとして書き下ろしたものだ。

「ゲームの持つ、自分が主役になれることだとか、“キラメキ(Sparkle)”のイメージと、いま自分が伝えたいことが重なり合っているところがあると思って制作に臨みました。数年前まではディズニーの歌を歌うというのは私にとってのキラメキで、歌い続けながらもう縁はないのかなって思ったところで、アナ雪と出会ったんです。本当に叶うんだなって。あきらめずに挑戦していくことって大事だなって。心のなかの“キラメキ”を信じてやって行こうよ、挑戦して行こうよ。そういう前向きな曲です。曲調やサウンドもファンタジックというか、夢の世界に連れて行ってくれるようなものになっています。力まずに軽やかに、でも力強く歌う。どの歌もそうですが、大変な曲だと思います。それでも、聞いてくださる方が夢の世界にいるのを想像できるように、この曲を歌い、届けられたらと思います」


 ニューシングルはエイベックスより8月5日発売。[CD+DVD]が2160円、[CD]が1404円。シングルの詳細や出演ライブなどの情報は公式サイト(http://www.may-j.com/)で。