『第28回東京国際映画祭』視点を意識して掘り下げる“テーマ系”部門

東京が映画の都になる10日間
1985年に誕生して以来、世界の大作や傑作を紹介するとともに日本と日本映画の魅力を世界に発信し続ける、日本最大級の映画の祭典・東京国際映画祭。28回目を迎える今年も、初日のレッドカーペットから最終日の授賞式まで、東京を映画で輝かせる。
 今年新設された〈Japan Now〉では近年・近日公開の話題作を上映。今の日本映画が持つ可能性と意欲を国内外に発信する、注目の新部門だ。今年公開されたばかりの作品だけでなく、加藤シゲアキ原作の『ピンクとグレー』など公開前の作品もセレクト。また、本部門では今一番海外に発信したい監督も特集。今年は〈原田眞人の世界〉と題し『KAMIKAZE TAXI』や最新作『日本のいちばん長い日』など代表作を上映する。

 今年のアニメーション企画はロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』を特集上映。ガンダム史上初の大規模上映となるだけにファンは見逃せない! 他にも、フィリピン映画をフィーチャーする〈CROSSCUT ASIA#2 熱風!フィリピン〉やJホラーブームを生んだ中田秀夫、黒沢清、清水崇監督作をオールナイト上映する〈日本のいちばん怖い夜〉も開催。
第28回東京国際映画祭
【会期】10月22日(木)〜10月31日(土) ・10日間【会場】六本木ヒルズ、新宿バルト 9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ 新宿他、 都内の各劇場及び施設・ホール【URL】 http://2015.tiff-jp.net/