11・21「K-1 WORLD GP」 中島vsヒョードル推薦選手 平本vsグランダーの2試合を発表

「K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~」(11月21日、東京・国立代々木競技場第二体育館)で行われるスーパーファイトの新たな決定カード2試合が9日発表された。
「Krush.59」(10月4日)で山内佑太郎に勝利し、Krush-70kg王座を防衛した中島弘貴が出場。エメリヤーエンコ・ヒョードルの推薦する選手と対戦する。

 会見には中島はもちろん、前日に大晦日の総合格闘技イベント「RIZIN」への参戦が発表されたヒョードルも出席した。
 ヒョードルが「今回、11月のK-1の試合に私が推薦する選手が来ることになりました。私も都合がよければ応援するために会場に行きます。推薦する選手はとても優れたファイターになると思います。すべては試合を見ればわかるので、楽しみに待っててください」と挨拶。中島は中島は、「ヒョードルが推薦してくる選手なのでいい選手だと思います。そういう外国人にはしっかり勝っていきたい」と語った。中島は7月の「-70kg初代王座トーナメント」で敗れており、ここを勝って、タイトル戦線への足がかりにしたいところだ。

 また合わせて、ヒョードルは総合格闘技ZSTの『ZST.49 ~旗揚げ13周年記念大会~』(11月22日、東京・ディファ有明)にも推薦選手を派遣することが発表された。

 もう1試合の発表カードは平本蓮vsマサロ・グランダー。平本は9月22日のK-1後楽園大会で木村"フィリップ"ミノルと対戦し、敗れたものの真っ向から打ち合い、会場を熱狂させた。グランダーは4月のK-1で野杁正明をヒザ蹴りでドクターストップに追い込み、王座決定トーナメントへも出場。木村と対戦し敗れたものの、延長にもつれ込む接戦を繰り広げた。

 平本は「もともと、木村選手とやる前に、龍児さんと『マサロとやりたいね』って話していたので、負けたにもかかわらず、今回こういうチャンスをいただいて凄く感謝しています。この前の試合でもの凄くいい経験ができました。今回はまだ、誰もマサロ選手にスカっと勝てない状況が続いているので、自分がスカッと勝ちたいと思います」と語った。