KEY WORD で見るニュース 2015.10.9〜2015.10.22

被曝
 東京電力福島第1原発事故の収束作業に従事し白血病を発症した40代の元男性作業員について、福島労働局富岡労働基準監督署は20日、労災と認定し、医療費と休業補償の支給を決めた。福島原発事故の被曝に労災が認められたのは初めて。厚生労働省は「放射線と発症の因果関係は明らかでないが、労働者補償の観点から認定した」と説明した。


2015年10月21日午後4時29分
 1989年に公開された米映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2』で主人公が未来にたどりついた瞬間。映画はタイムマシンで過去と未来を行き来するストーリーで、「パート2」は米カリフォルニア州のとある街に30年前からタイムマシンが到着する設定。
 大手飲料メーカー「ペプシコ」は、未来で主人公のマーティーが飲もうとしていた「ペプシ・パーフェクト」を21日、6500本限定で発売した。


大勝軒分裂騒動
 つけ麺の生みの親とされる東京・池袋のラーメン店「東池袋大勝軒」創業者の山岸一雄さんが今年4月に亡くなってから約60人の弟子で構成されていた「大勝軒のれん会」が分裂。会の運営に疑問を持ち、脱会した弟子らが今年8月に「大勝軒 味と心を守る会」を発足し、現在こちらには32人が参加している。


春画
 男女の性風俗を描いた江戸時代の浮世絵。喜多川歌麿や葛飾北斎など有名絵師も手がけるなど、その高い芸術性が海外で評価され、国際的なブームとなっている。国内初の本格的な展覧会も盛況をきたし注目が集まっている一方で春画を紹介するグラビア記事の掲載方法をめぐり、警視庁はわいせつ図画頒布罪に当たる可能性があるとして、週刊誌4誌に口頭指導した。