郵政3社東証上場 滑り出し順調

NEWS HEADLINE<PHOTO OF THE WEEK>2015.10.23〜2015.11.5
 日本郵政と傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の日本郵政グループ3社は4日、そろって東京証券取引所第1部に上場し、終値は3社とも売り出し価格を大幅に上回った。平成19年の郵政民営化以来、8年を経て政府株式を市場に放出、名実ともに民間企業の一歩を踏み出した。

 3社の終値は、日本郵政が売り出し価格を26%上回る1760円、ゆうちょ銀は15%高い1671円だった。かんぽ生命は、値幅制限いっぱいのストップ高となる56%高の3430円で終えた。

 日本郵政の西室泰三社長は4日、上場を受けて記者会見し、「期待以上の価格だ」と順調な滑り出しに笑顔をみせる一方、「重い責任を負った」と述べた。