11・21「K-1」試合順が決定 メーンはゲーオvs木村

 K-1は8日、東京スカイツリータウンでファンイベント「『K-1ワールドグランプリ2015』11.21代々木決戦・大決起集会!」を開催した。
 4階級のタイトルマッチに出場する武尊、卜部兄弟、スーパーファイトに出場する左右田泰臣、野杁正明ら11人の選手が参加し、前田憲作K-1プロデューサー、K-1公式サポーターを務めるタレントの関根勤らを相手に大会に向けた現在の心境などを語った。

 この日は『K-1 WORLD GP 2015 〜THE CHAMPIONSHIP〜』(11月21日、東京・国立代々木競技場第二体育館)の試合順が発表されるとあって注目を集めた。プレリミナリーファイトから順に発表し、前田プロデューサーが見どころを解説していく。
 残り4試合となり、まず先に発表されたのは王者・武尊vs チャールズ・ボンジョバーニの-55kgタイトル戦。

 武尊は4大タイトル戦の最初の試合になったことについては「正直むっちゃムカついているんですけど、武尊をメーンにしておけば良かったという試合をしたい。特にメーンには負けたくないです。全部の試合で一番面白い試合にします」と話した。

 続いて発表されたのは王者・卜部功也vs卜部弘嵩の-60kgタイトル戦。それまでのスーパーファイトの発表では対戦する2人が揃って登場したのだが、このカードだけは2人別々。

 最初に登場した弘嵩が「お互いに無傷で思いっきり戦えるのは楽しみ。11月21日は兄貴の強さをしっかり見せてチャンピオンになります」と語れば、入れ替わって登場した功也は「お互いのことは全部分かりきっていると思うので、知らない部分で戦うしかない。今、そういうところを磨いているので、それを出していきたい」と語った。

 ウエート順?と思われた試合順だが、続いて発表されたのは王者・マラット・グレゴリアンvs サニー・ダルベックの-70kgタイトル戦。そしてメーンとして発表されたのは王者・ゲーオ・フェアテックスvs木村“フィリップ”ミノルの-65kgタイトル戦だった。

 踊るようなステップで入場した木村は「いやー、来ちゃいましたね。盛り上げ散らかします」と第一声。試合については「1Rから“こいつバカなんだろうな”って思われるようなクレイジーな試合をします。対策でサッカーのメッシの試合とかもいっぱい見てきましたんで、メッシワールドで行きます。クレイジーにスパイシーにメッシの足さばきでかき回してやります。つまんない試合が続くと思うんで、俺が最後締めます!」とピースなコメント。

 関根の「喋りも魅力ですよね」というフリには「他のK-1ファイターってダサい奴ばっかりじゃないですか。真面目に試合してもつまんないと思うんです。みんな顔がカッコイイとか言ってるけど一重だし。俺は二重でクリッとしてるんだけど、ゲーオも一重でしょ? あれ? 結構二重ですね(笑)」と返す。

 しかし最後には「ベルトを取らないと始まらない。どれだけ人気が出ても、ベルトがあるとないとでは違うと思う。王者の風格を身につけないといけない。魔裟斗選手が復帰するみたいですけど、ロートルとか終わった選手が出てもつまらないので、俺が今の激しいK-1を引っ張っていきます。ゲーオ戦が決まって“4秒で負けるなよ”なんて言われたので、“こいつ見返してやろう。この野郎”って思って(ゲーオを)ぶっ倒したので、今回も見返します。俺は時代と戦っているんで、相手がどうこうではないんです。時代を作るために戦っているので、どんなに嫌われようが構わないです。勝てば(評価は)ひっくり返るんで」と一転真面目モードで決意を語った。そしてゲーオの等身大のパネルにバックブローを放つパフォーマンスで退場。メーンに決まった充実っぷりを見せつけた。