53年ぶり国産旅客機初飛行

2015.11.6〜2015.11.19 NEWS HEADLINE<PHOTO OF THE WEEK>
 三菱重工業の子会社である三菱航空機(愛知県豊山町)が開発する国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が11日、愛知県営名古屋空港で離着陸し、初飛行に成功した。国産旅客機の初飛行はプロペラ旅客機「YS−11」以来、53年ぶり。初号機は、平成29年4〜6月にANAホールディングスに納入される予定。三菱重工は、富士重工業と日本航空機開発協会と共同で、15年5月から研究開発に乗り出して以来13年かかって初飛行にこぎつけた。