第154回芥川賞・直木賞発表

 NEWS HEADLINE<PHOTO OF THE WEEK>2016.1.8〜2016.1.21
左から青山文平さん、本谷有希子さん、滝口悠生さん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
 第154回芥川賞・直木賞の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は滝口悠生さん(33)の『死んでいない者『(文学界12月号)と本谷有希子さん(36)の『異類婚姻譚『(群像11月号)に、直木賞は青山文平さん(67)の『つまをめとらば』(文芸春秋)に決まった。4度目の候補で芥川賞に輝いた本谷さんは石川県出身。劇団を主宰し劇作家・演出家としても活躍する。受賞作は、夫婦の顔が似てくる不思議さを奇想を交えて描いた。