東京の“京都”においでやす! 『京あるきin東京2016 〜恋する京都ウィークス』開催

ホテル椿山荘東京の日本庭園で再現される「花灯路」。もともと伏見・石峰寺の五百羅漢の一部であった20体の石仏や、下鴨神社の社殿と伏見稲荷明神の白玉稲荷から勧請された神社など、京都ゆかりのものが庭園各地に置かれていることもあり、本場の花灯路の雰囲気を味わうことができる。
 国内はもちろん海外からの観光客にも人気の京都。東京にいながらにして、京都の魅力を再発見できる毎年恒例のイベント『京あるきin東京』が今年も開催される。

 京都創生のPR事業として開催される本イベントのポイントは、京文化をさまざまな形で体感できること。都内各所で、京都の歴史、景観、伝統産業、観光など、多彩で奥深い京都の魅力に触れる企画がめじろ押しなのだ。

 恒例企画として毎回好評を得ているのがホテル椿山荘東京の日本庭園で行われる「花灯路」。こちらは、2003年から京都で開催されているイベント「京都・花灯路」を再現したもの。本場では、京都らしい街並みを灯りと花で演出し、冬期の風物詩として人気が定着。東京では、旬の椿の花に彩られた日本庭園をライトアップし、京の風情を楽しむことができる。

 写真展示や講演会だけでなく、実際に雰囲気を体感できる催しが多いのも、本イベントの特徴。物産展や人気店の限定メニューなど気軽に出かけられるものだけでなく、宇治茶セミナーと茶懐石を楽しめる「宇治茶サロン」や、よーじや(よーじや ホテルオークラ東京店)の京紅メイク体験など、要事前申し込みの催しもユニークなものが多いので、お見逃しなく。

 また、イベントは東京各所で行われているので、せっかくならスタンプラリーに参加してみては。通常コースならスタンプラリー対象事業のうち異なる3カ所のスタンプを、スペシャルコースなら「見る」「参加する」「味わう」「プレゼント」の各ジャンルから1カ所ずつ、4カ所のスタンプを集めて応募すると、抽選でプレゼントが当たる。通常コースのプレゼントは京都の人気店の詰め合わせセットなど、スペシャルコースは京都のホテルの宿泊券などと、プレゼントのラインアップはかなり豪華だ。

 体験イベントや講演、展覧会鑑賞に加え、もっと深く京都と関わりたいという人は、世界遺産・二条城の一口城主募金や、京町家まちづくりファンドなどを検討してみても良いかも。

 東京で気軽に京都を感じれば「やっぱり、京都へ行こう!」となること間違いなし。
初日の2月13日は、スパイラルにてオープニングイベントを開催。18時30分からは、上賀茂神社の式年遷宮を約1年半にわたり撮影した写真家・山岸伸によるトークショーなども開催(事前申し込み不要)
カフェコムサ銀座店では、伊藤若冲の『雪中雄鶏図(細見美術館蔵)』をイメージしたタルトが登場。バナナ、柚子、北尾の黒豆きな粉を使用した、和の風味豊かなスイーツだ
『京あるきin東京2016 〜恋する京都ウィークス』
【期間】2月13日(土)〜3月13日(日)【会場】青山ほか【URL】 http://kyoaruki.jp/http://kyoaruki.jp/

★イベントPick Up
『オープニングイベント』
2月13日(土)13〜20時 会場:スパイラルホール(青山)ゲスト来場のステージイベントやフォーラム(各要申込)のほか、日本酒の試飲販売、スイーツの試食販売、伝統工芸品などの展示などを終日開催

『花灯路』
開催中〜2月14日(日)日没〜23時 会場:ホテル椿山荘東京(目白)椿に彩られた名園で京都・花灯路を再現

『京都館 春のキャンペーン』
2月12日(金)〜14日(日) 会場:京都館(八重洲)京都市のアンテナショップ 京都館では京友禅の手描染体験や十二単の着付け見学などを開催。

『カフェコムサ銀座店×伊藤若冲 〜伊藤若冲をスイーツで楽しむ〜』
2月13日(土)〜3月13日(日)会場:カフェコムサ銀座店(銀座)伊藤若冲生誕300年記念スペシャルタルトの販売

『第42回 京の老舗めぐり』
2月16日(火)〜22日(月)10時30分〜20時 ※最終日は19時まで 会場:小田急百貨店新宿店(新宿)