“見せる収納”で美しい名器たちを活かす|人気のポーセラーツとハンガリーが誇る“ヘレンド”のインテリア活用術

住まいの大学
「インテリア」「デュアルライフ」「海外暮らし」をはじめ、不動産にまつわる様々な情報をご紹介。
©FinoMagazin/ポーセラーツ講座の風景
著者:パップ英子 “FinoMagazin”(フィノマガジン)主宰(編集長)
ハンガリー在住コラムニスト。
食品会社でワインインポーター業務に従事した後、都内の広告代理店に転職。コピーライター、ディレクターとして勤務。百貨店やデパート、航空会社、ベビー・ブランド等のクリエイティブ広告で、インテリア製品のコピーライティング、ディレクション等を数多く手がける。
2013年、夫の国ハンガリーに移住後も育児に奮闘しながら執筆業に邁進。日本の雑誌(出版社)でハンガリー紹介記事(取材・撮影・文)を担当。また、自身とハンガリー人クリエイターとで運営するブダペスト発ウェブメディア“FinoMagazin”でもインテリアを含めたライフスタイル全般コラムを連載。美容メディアにてビューティ・コラム連載、その他、企業のWEBサイトや企画書制作、日本のTV局、広告代理店、メーカーからの依頼でハンガリー現地ロケ・コーディネート等、多岐に渡る業務をこなしている。

自身主宰のハンガリー情報WEBメディア “フィノマガジン”
http://www.finomagazin.com/

前回はハンガリー家庭のキッチン・インテリアについて特集しましたが、前回からのキッチンつながりで今回は食器について、ハンガリーが誇る高級陶磁器ブランド“ヘレンド”を特集。美しい陶磁器をお部屋のインテリアに活用する方法をご紹介します。

■趣味や習い事として大人気のポーセラーツ

 前回はハンガリー家庭のキッチン・インテリアについて特集しましたが、前回からのキッチンつながりで今回は陶磁器製の高級な食器について、素敵な収納術も踏まえてご紹介したいと思います。

 皆様は、20代後半~50代くらいの女性達の間でよく話題に上る「ポーセラーツ」という言葉をご存知でしょうか。

 ポーセラーツとは磁器のポーセリンとアートを組み合わせた造語で、多くの白磁や転写紙の中から自分の好みのものを選んでラクに絵をつけることができる習い事のひとつ。世界でたったひとつの自分だけのオリジナル食器や小物が手軽に作れるので、その魅力にハマる女性が増えているそうです。

 写真は、ポーセラーツ教室で、白磁のマグカップに好きな転写紙を貼り終えた後、専用ペンでラインを描き足している様子。

 さまざまなデザインの転写紙があるので、食器の大きさに合わせていくつか転写紙を組み合わせると、自分だけのオリジナルの柄をつくることができるそうですよ。
©FinoMagazin/ ブダペストのペシュト側にあるヘレンド(HEREND)本店
■ヨーロピアン・ポーセリンの名品、ハンガリーが誇る“ヘレンド”

 日本でポーセラーツという習い事の人気が高まる昨今、世界の有名な陶磁器(ポーセリン)というと、皆様が心当たりのあるのはどんなブランドでしょうか?

 英国王室御用達のウェッジウッド(WEDGWOOD)や、デンマークのロイヤルコペンハーゲン、ドイツの名窯マイセンなどの名前を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

 実はハンガリーにもヘレンド(HEREND)という、世界に誇る素晴らしい陶磁器ブランドがあるんです。1826年にハンガリーで創業したヘレンド(HEREND)は、陶磁器製の美しい食器や置物、雑貨を自社で製作し取り扱う高級ブランド。

 当時のハンガリーは「貴族のなかの貴族」といわれたハプスブルク家の統治下にあり、ヘレンド(HEREND)もウィーンの宮廷サロンでその技術に磨きをかけていったそうです。写真はハンガリーの首都ブダペストの、とあるホテルにあるヘレンド(HEREND)のお店。

 ヘレンド(HEREND)は昔から王侯貴族の御用達ブランドでもあり、今も世界中のポーセリン(陶磁器)ファンに愛されています。

 ヨーロッパには15世紀頃から匠(職人)の技術と彼らの地位を保証するマスター制度と呼ばれるものがあったそうです。100パーセント手仕事の上、高い芸術的センスと職人的技術が求められる「マスター制度」。『Masterpiece 』という言葉は“傑作”を意味しますが、ここに語源があります。

 ヘレンド(HEREND)が世に生み出す美しい名器の数々は、クラフトマンシップの真髄ともいえるマスター制度によって支えられています。現在、ヘレンド(HEREND)社内には約300名ものペインターがおり、そのなかから厳しい選考を経てマスターペインターが選ばれるそうです。
©IQRemix title:Fort Edmonton Park
■末永く愛用したい陶器製の高級食器の収納例

 ここまで、ハンガリーが世界に誇るポーセリン(陶磁器)・ブランドについてご紹介しました。
 それでは、実際にヘレンド(HEREND)やウェッジウッドなど、末永く愛用したい高級な食器や雑貨を自宅でどのように収納すべきか、実例を見ながらご説明したいと思います。

 よく高級な食器類を造りつけのキッチン戸棚に大事にしまってしまう方がいるようですが、それでは基本、自身で使う時にしか人の目に触れることがないので、美しい名器たちはできるだけ飾ってしまうのがインテリアの基本! “見せる収納”をとにかく心がけましょう。

 お皿やティーカップなど、美しいポーセリン(陶磁器)の高級食器類は、アンティークのキャビネットに収納すると見栄えよく飾りながら収納することができます。また、DIYが得意な方でしたら壁にアンティーク風のウッドシェルフを設置して、シェルに並べて収納するのもオススメです。
©FinoMagazin/ ハンガリー家庭でのインテリアへの活用例
 写真はハンガリーととあるお宅のキッチンのお写真。

 こちらのお宅では、ヘレンド(HEREND)の美しいお皿をこのように壁に吊るして見せるインテリアを徹底されています。

 実は私の友人のお宅なのですが、私の友人はアンティークショップを経営しており、家のなかには至る所に素晴らしい調度品であふれています。ヘレンド(HEREND)をはじめ、各国の美しい陶磁器のカップやお皿もたくさん所有しているので、アンティークのキャビネットだけでは収納場所が足りなくなってしまったそうです。

 そこで考えたのが、このようにパイプ管にS字フックを使ってお皿を吊るし、壁側に飾りながら収納するテクニック。

 ヘレンド(HEREND)以外の陶器のお皿も混ざっていますが、ここでのポイントはだいたいのお皿の大きさを揃えているところ。飾るお皿の大きさに統一感を持たせることで、並べて吊るした時にも整然と美しく見えるんです。

 今回はハンガリーが世界に誇るポーセリン(陶磁器)・ブランド、ヘレンド(HEREND)をご紹介しながら、高級食器の収納テクニック、ハンガリー家庭の実例をあげてご説明しました。
 次回はインテリア豆知識として、ハンガリーよりもさらに北の国々、北欧の人気家具ブランドについてご紹介したいと思います。

 ぜひ、お楽しみに!
住まいの大学 https://sumai-u.comhttps://sumai-u.com

部屋探しから不動産投資まで、納得して「住まい」とつきあうための「知識」と「事実」を専門家が本音で語るメディア。
知らないと損する不動産業界の仕組みや慣習、業者のセールストークに乗せられないための知恵をお伝えします。

facebook: https://www.facebook.com/住まいの大学-1168849939810170


Twitter: https://twitter.com/sumainodaigakuhttps://twitter.com/sumainodaigaku