We♥cat 猫だから、猫が好き! part.2

空前の猫ブーム到来! 見て、遊んで、自慢して
1. 広くて明るい店内  2.猫の書籍が並ぶ書棚。オーナーが同店を作るヒントのひとつとなった『ノラや』も  3.4.隠れキャット発見 
猫を肴に飲む
猫文壇バー 月に吠える


 自称“日本一敷居の低い”文壇バー月に吠える(新宿ゴールデン街)の2号店として、昨年の12月に新宿三丁目に「ネコ文壇バー 月に吠える」がオープン。猫カフェと違い、普段猫がいるわけではないが、約300冊の猫関連本を置いている。それらの本の中の猫を肴に楽しむもよし、猫好きの常連さんや店員さんと猫話をするもよし。熱い猫トークもここでは大きな心で受け止めてくれる。ドリンクは、文壇バーらしく「締切前夜」や「印税生活」といった名前のオリジナルカクテルなどもあるが、ここは招き猫のラベルが可愛い“またたび焼酎”に挑戦してほしい。猫の写真を眺めつつ、またたび焼酎のソーダ割を飲む。一日の仕事の疲れも吹っ飛びそう。たまに本物の猫がいる事も。常連になるしかない?


ネコ文壇バー 月に吠える
【住所】新宿区新宿3-6-11 第一玉屋ビル3階A号
【電話番号】03-3226-1267
【営業時間】19〜24時
【定休日】日・祝
【URL】 http://bar.moonbark.net/
猫を楽しむ
人気ネコが集結!「ねこ休み展 冬 2016」


 都内最大級の猫写真展「ねこ休み展 冬 2016」が都内の会場で開催中。人気の猫クリエイターが集結し、SNSフォロワー数累計100万人を超える人気猫が一堂に会する。ネットで常に猫の画像や動画をチェックしてしまう猫好きにはなんとも魅力的な同展には、水の飲めない猫として話題の“きなごむ”のなごむくんや、美形なのに寝顔が残念なセツちゃん、怒り顔で人気沸騰中の小雪など、ネットで有名な猫たちの写真がずらり。

 また、昨年夏に続き、しょんぼり顔の猫“ふーちゃん”や、最新刊『島ねこぽん』も話題のあおいとりも新作を発表。全300点以上に及ぶ猫の写真に囲まれて、どっぷりと猫ワールドにひたれる、猫好きにはたまらない展覧会だ。展示している写真は会期中に作家がふらりとやってきて入れ替えることもあるので、再訪しても新しい作品に出会えることも。


猫の合同写真&物販店「ねこ休み展 冬 2016」
【開催日時】2月28日(日)まで
【開館時間】11〜19時
【会場】TODAYS GALLER YSTUDIO
【住所】台東区浅草橋5-27-6 5F
【入場料】500円(3歳以下は無料)
【問い合わせ】BACON TEL:03-5809-3917
【URL】 http://www.tgs.jp.net/neko-break.html