もっと眠りたい乃木坂46、睡眠研究プロジェクトに前のめり


 アイドルグループの乃木坂46が25日、都内で行われた睡眠研究プロジェクトの記者発表会に出席した。

 プロジェクトは2カ月に渡って行われるもので、桜井玲香は「2カ月後、ライブがあるか分からないですが、機会があるならいいパフォーマンスを見せたい!」と意気込んだ。

 研究は、世界トップクラスのアスリートから最高のパフォーマンスを引き出すなど世界から注目を集めるマットレスパッド・クッション材『エアウィーヴ』を活用して行われるもの。質の良い睡眠が、肌の状態や健康など女性の美しさにどのような影響をもたらすのかを図る。睡眠検証には、乃木坂46のメンバーのほか、JALのキャビンアテンダント、スタイリストらが参加する。

 乃木坂46メンバーの平均睡眠時間は「4時間ぐらい」(若月佑美)と短い。移動時間や握手会やミュージックビデオの撮影の待ち時間などに補っているという状態。「肌のゴールデンタイムには寝ておきたい」(白石麻衣)、「アラーム一発で起きたいのですが、今は12発ぐらい。鳴っていた記憶もないんです。良質な睡眠で一発で起きれるようになりたいです」(生田絵梨花)、「乃木坂に入ってから疲れがたまりやすくなってしまっているのかストレッチをしたり体を動かしてから寝るようにしています」(伊藤万理華)など、悩みは尽きない。そのため、今回の睡眠検証にも前のめりだ。西野七瀬は「早寝早起きができるようになれば」と研究に期待。「朝5時に起きて散歩とかしたいんです」と話した。