大谷ノブ彦 カタリマス!(裏) 第68回 今こそ、エンターテインメントが本気を出すとき。

 今週金曜は3月11日。東北大震災が発生から5年目の3月11日です。

『キキマス!』では今週、復興地の方々とお電話をつないでお話を伺っています。初日7日は、気仙沼フェニックスバッティングセンターの千葉さんにお話を伺いました。震災でご家族が犠牲になられて、今は野球好きの息子さんと2人。気仙沼にもバッティングセンターがあったらいいなという息子さんの言葉がきっかけになって、バッティングセンターを作ってしまった方。番組でもここでも何度もお話ししている方です。月曜は現状や、これからなど、いろんなお話を聴かせていただきました。ただそのなかでね、息子さんとは奥さん、息子さんにとってはお母さんになるけど、その話はしないって言ってて。それがさあ、番組が終わってさ、残っちゃったんだよね…。
 
 あれから5年が経つわけだけど、今でも当時のこと、思い出します。不謹慎だといわれて何もできない悔しさを味わったり、芸人もそうだけど、エンターテインメント全般がそうだったね。でもいま復興地の人とお話ししたりすると思うんですよ、エンターテインメントが力を出す、本気出す時が来たなって。みんな言うのよ、たくさんの人に来てほしいって。それってエンターテインメントが得意とするところでしょって思うんです。CDが売れないっていうなかで握手会やってたくさん売っちゃうとかやり方を考え出す、足を運びたいというイベントを考える、そういうところ。よくよく考えるとさ、これって、3.11とか復興地の話だけじゃなくて、どこの地方にも当てはまることでもあるんですけどね。そういうのもあって、ゴールデンウイーク中の5月3日、気仙沼フェニックスバッティングセンターでDJやります、『気仙沼フェニフェス』を。僕らが出てくるまではBBQやバッティング楽しんでもらおうかと思ってます。

 さて、3月11日。僕は毎年、何か楽しいことをするって決めています。今年は念願だった『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』に出演してから、下北沢・ろくでもない夜で「キッズジャイアン」、そしてそのまま「ジャイアンナイト feat. SMAP」です。いろいろリクエストももらったんだけど、そのなかから選んだのがSMAP特集。SMAPで踊って思い切り楽しんでほしいと思って。売り上げ金はすべて寄付します。『SMAP×SMAP』で募ってるあの口座にね。……SMAPもこういうのなら許してくれるんじゃないかな。うれしいことに、このイベント、現時点で予約でいっぱい。当日券は様子を見て出そうかなって思ってます。
kikimasu.jpg大地洋輔との本格派漫才コンビ・ダイノジで活躍。個人でリポーターや司会、DJ活動なども行う。1972年生まれ。
AM1242 ニッポン放送 毎週月曜日〜木曜日 午後1時〜午後4時 生放送