現代口語演劇の幅の広さを実感『おとこたち』ハイバイ

(写真・平岩享)
 1月に新作公演『夫婦』の上演が終わったばかりのハイバイが2014年に上演された『おとこたち』を再演。全国6都市を回る。

『おとこたち』は作・演出の岩井秀人が元落語研究会のサラリーマン、紹介予定派遣で働く人、知人のがん治療などを取材し、それをもとに4人の男性の24歳〜82歳の人生を描いたもの。

「老い」「認知症」「人生の幸福度」「社会」というテーマが大きな反響を呼び、その後NHKの人気番組「クローズアップ現代」でも取り上げられたほど。

 製薬会社の営業、居酒屋のバイト、俳優、紹介予定派遣社員の4人の男たちは定期的にカラオケボックスや飲み屋に集まり、互いの近況を語り合う仲。しかし時が経つにつれ、順調に歩む者、挫折する者、転落する者とそれぞれの人生は大きく変遷していく。

 順調に越したことはないが、だからといって楽しいわけでもない。転落した者だけが手に入れる暗い輝きにシンパシーを感じる時もある。人生についていろいろと考えさせられる作品。
 俳優としてサンプルの松井周が出演するのもちょっと気になる。
ハイバイ『おとこたち』

【日時】4月4日(月)〜17日(日)(開演は平日19時、土14時/18時、日は10日18時、17日14時。※6日(水)、8日(金)、14日(木)は14時の回あり。11日休演。開場は開演20分前。当日券は開演40分前)
【会場】東京芸術劇場 シアターイースト(池袋)
【料金】全席指定 一般 前売(前半割:4〜8日)3300円、当日3800円、前売(9〜17日)3500円、当日4000円/学生 前売・当日共2500円(受付にて要証明)/高校生以下 前売・当日共1000円(前売は東京芸術劇場窓口のみ販売、要証明)
【問い合わせ】ハイバイ(TEL:080-6562-4520 =10〜20時[HP] http://hi-bye.net/
【作・演出】岩井秀人
【出演】安藤聖、菅原永二、永井若葉、平原テツ、用松亮、松井周