春の訪れを告げる音楽「東京・春・音楽祭 ― 東京のオペラの森 2016―」

 東京の春を彩る国内最大級のクラシック音楽の祭典『東京・春・音楽祭 ― 東京のオペラの森 2016―』が16日から始まる。上野を舞台に大小さまざまなコンサート公演が行われる。

 開催中に行われるのは、ワーグナーのオペラシリーズや、リッカルド・ムーティによる日伊国交樹立150周年記念公演、ベルリン・フィルメンバーによる室内楽やシェイクスピア没後400年にちなんだ公演など。その他にも、〈ナイトミュージアム〉コンサート、誰でも本物のオーケストラを指揮できる「指揮者はあなた!Conduct Us in 上野公園」や、子供、親子連れを対象にしたものなど興味深い企画が豊富だ。

 そんななかで気軽にこのイベントを楽しめると人気なのが「桜の街の音楽会」と題された無料コンサート。開催期間中、JR上野駅ガレリアやエキュート、上野動物園、上野精養軒、旧岩崎庭園などで行われる。


東京・春・音楽祭 ― 東京のオペラの森 2016―
【開催期間】3月16日(水)〜4月17日(日)
【会場】上野恩賜公園(東京文化会館、上野学園 石橋メモリアルホール、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、国立西洋美術館、上野の森美術館)、東京芸術劇場ほか
【料金】無料〜。公演によって異なる
【公式サイト】 http://www.tokyo-harusai.com/