4・3シュートボクシング 宍戸が引退試合で壮絶に散る

宍戸がギロチンチョークでジャオウェハーをとらえるも…(撮影・蔦野裕)
 シュートボクシング(SB)の「SHOOTBOXING 2016 act.2」(4月3日、東京・後楽園ホール)で“ミスターシュートボクシング”宍戸大樹の引退試合が行われた。
 最後の対戦相手は昨年9月に対戦し、延長の末、判定で勝利を収めたジャオウェハー・シーリーラックジム。激闘のうえでの判定だったが「不完全燃焼だった」という宍戸の意を汲んでの再戦。また宍戸は今回の試合にあたり、ヒジによる攻撃を認めた旧SBルールの採用を希望。不退転の決意でこの試合に臨んだ。
 セミファイナルが終わって、宍戸の入場テーマ曲が流れると、最後を見届けに来たファンが大宍戸コールで出迎える。リングインすると、いつものように右手を挙げてリングを周回。鳴り止まない宍戸コールの中、最後のゴングが鳴る。
 昨年の対戦ではジャオウェハーの強烈な右ミドルキックに大苦戦した。ジャオウェハーはその後、MAXムエタイでスーパーライト級王座を獲得するなど、よりパワーアップしての来日。
 1R、宍戸はサークリングしながらローとミドルで牽制する。ジャオウェハーは序盤は宍戸の動きを見極めるようにじっくり構えるが、すぐに右ミドルで反撃。コーナーに詰めて、右ヒジを放つとその威力に宍戸の顔がゆがむ。宍戸もサイドキックからバックブローと得意の流れで攻め込み、ヒジ攻撃を見せる。1Rから緊張感あふれる攻防が展開された。
ジャオウェハーの強烈なヒジが宍戸を襲う(撮影・蔦野裕)
 試合が動いたのは2R。宍戸が放った縦ヒジでジャオウェハーが右目上をカット。ドクターチェックが入る。再開後、その出血個所を狙う宍戸だが、今度はジャオウェハーが強烈なヒジを打ち込み、宍戸が右目上の額のあたりと左の頭部をカット。おびただしい出血にドクターチェックが入るが、試合は再開。激しい打ち合いのなかゴングが鳴る。そして迎えた3R。試合後語ったように「5Rはもたない」と判断した宍戸は一気に勝負をかけ、ジャオウェハーの一瞬のスキを突きギロチンチョークにとらえる。渾身の力で絞め上げる宍戸だったが、ジャオウェハーももがいてなんとか脱出。なおもヒジにこだわり勝負をかけた宍戸だったが、ジャオウェハーもヒジの連打で迎撃。宍戸の動きが止まったところにトドメの右ヒジが炸裂すると、宍戸はゆっくりと崩れるようにダウン。レフェリーが試合を止め、3R1分14秒、KOでジャオウェハーが勝利を収めた。宍戸は左まぶた8針、額7針、頭を6針縫う壮絶な戦いだった。
10カウントゴングを聞く宍戸(撮影・蔦野裕)
 試合後に行われたセレモニーには多くの格闘家、支援者が駆けつけ、シーザージムのキッズ会員の子供たちがリングに上がった時はこらえきれずに号泣。
 そしてシーザー武志会長がリングに上がると、しばし師弟2人だけの時間があった後に宍戸の右手を上げその功績を称え「現役が終わっても宍戸を応援してください」と挨拶。最後に宍戸が「盛大に引退試合、セレモニーをこうやってしていただいたんですが、感謝の言葉しかありません。20歳から東京に出て来て、シーザー会長に面倒を見てもらって、なんとかここまで来させてもらいました。自分はSBを続けてきて本当に良かったと思います。悔しい思いや寂しい思い、それ以上の思いも、すべてSBで学びました。SBという格闘技の中で人生の半分近くを過ごしてきましたが、SBをやっていなかったらどうなっていたかと。これからSBに恩返しし、SBを続けたい、強くなりたいという純粋な気持ちを持っている後輩のために道を作っていきたいと思っています。お客さんにSBを見て元気が出た、良かったと思ってもらえる大会、選手を育てていくことがこれからの人生の目標です。最後に、こんな自分に20年近く付き合ってきていただきまして、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします」と挨拶。10カウントゴングの後、両手を上げ四方に挨拶。そしていつもの試合後のように本部席のシーザー会長の前にひざまずき、頭を下げてリングを後にした。
 宍戸は1998年のデビュー以来、この日の試合で82戦58勝24敗となった。