4・17「RIZIN.1」のグラップリングタッグに田村が出場

「RIZIN.1」(4月17日、愛知県・日本ガイシホール)の対戦カードが続々と発表されている。
 1日にはXとされていた「グラップリングダブルバウト」で桜庭和志、所英男組と対戦するヴァンダレイ・シウバのパートナーが田村潔司(写真上)となることが発表された。

 このカードが発表された時から榊原信行RIZIN実行委員長は「田村潔司に交渉したい」と口にしていた。田村が「巌流島」(3月25日)に出場することから発表が延ばされていたが、田村がその試合で顔面を骨折するケガを負ったことからその動向が注目されていたところだった。

 会見に出席した田村は「鼻と頬骨を3か所骨折。1か所は完全骨折で、手術を勧められた」とケガの状態を説明したが、「1〜2日経つにつれて自分の不甲斐なさも含めて、RIZIN.1(出場)の機会をいただいて、僕自身そんなに先も長くないですし、お話をいただける時点で光栄だという気持ちになり、出場することが自分にとってもいいのかなと決断し、出場に至りました」と出場に踏み切った経緯を語った。
 高田延彦RIZIN 統括本部長は「毎大会見たいと言われるような作品を残してもらいたい」と期待を込めた。

 また大晦日の総合格闘技デビュー戦で見事な飛びつき腕十字を決めたシュートボクシング(SB)の女王RENA(写真下)が今回はSBルールで参戦。3日のSBのリング上で榊原氏が対戦相手がブラジル・シュートボクセのシンディ・アルベスとなることを発表した。

 RENAは「映像を見ましたがアグレッシブでしぶとい選手。“KOする”と言ってますが、KOし返します。なめんなよって感じです」と話した。

 榊原氏は合わせて昨年放送していたフジテレビの格闘技情報番組「FUJIYAMA FIGHT CLUB」が4 月15 日から復活することを発表。通常は金曜深夜1時25分から30分の放送となるが、4月22日は2時間拡大版で17日の大会の模様を放送する。