【読者プレゼント】親子で楽しめる『シンドバッド』

『あらいぐまラスカル』や『フランダースの犬』などの世界名作劇場シリーズを生んだ、日本アニメーション40周年記念作品『シンドバッド』が公開される。キャラクターデザイン・総作画監督には『となりのトトロ』などのスタジオジブリ作品をはじめ数多くの作品を手掛けてきた佐藤好春、脚本にはNHKの『山賊の娘ローニャ』を手掛けた川崎ヒロユキ、監督には『ドラえもん のび太の恐竜 2006』を演出した宮下新平というファミリー映画の名手たちが集結。第1話『空とぶ姫と秘密の島』2話『魔法のランプと動く島』のダイジェスト版に新作完結編3話を追加した長編映画だ。公開を記念し、劇場招待券を読者5組10名にプレゼント(係名:「シンドバッド」)。


『シンドバッド』5月14日(土)より全国ロードショー