4・23修斗 扇久保が2階級制覇 ウェルター級は松本が戴冠

この直後、扇久保ががっちりフロントチョークを決める(撮影・蔦野裕)
 プロフェッショナル修斗公式戦「MOBSTYLES Presents『FIGHT&MOSH』」( 4月23日、千葉・舞浜アンフィシアター)のメーンで行われた修斗世界バンタム級タイトルマッチで、挑戦者の扇久保博正が王者・菅原雅顕を5R4分48秒、フロントチョークで絞め落としTKO勝ち。第6代王者に輝いた。扇久保はフェザー級との2階級制覇となった。過去に2階級を制したのはマモルだけ。史上2人目の快挙。
 試合は扇久保がラウンドの序盤から左のミドル、ハイキックといった打撃で先手を取り、菅原の打撃に合わせタックルでテイクダウンを奪うとポジションをキープ。パウンド、ヒジで削り、肩固めやフロントチョークで一本を狙うという展開に。しかし菅原も必死のディフェンスで決めさせない。判定決着かと思われた5R終盤、パウンド、鉄槌から逃れようと菅原が体を起こしたタイミングで扇久保ががっちりフロントチョークに取り、絞めあげると菅原が失神。きっちり一本勝ちを決めた。
 試合後、扇久保が「今日はちょっと強すぎてつまらなかったと思うけど、前田選手とかいろいろいますが、全員かかってこい!」とアピール。すると、この日ランボー宏輔に2R2分43秒、スリーパーホールドで一本勝ちした前田吉朗が現れ、「おめでとう。お前の挑戦受けたる」と挑発。挑戦者側の思わぬ切り返しに、やや戸惑った扇久保だったが「どっからでもかかってこいや!」と返答。前田は「次は前田と扇久保の世界戦でよろしいか?」とファンにアピールした。
 試合後のマイクでは前田に持って行かれた感のある扇久保だったが、試合後の会見では「防衛戦の相手は前田選手しかいないが僕には勝てない。2Rで仕留めます」と、話した。
松本がスリーパーホールドで一本勝ち(撮影・蔦野裕)
 セミファイナルでは世界ウェルター級チャンピオン決定戦が行われ、環太平洋王者で世界ランク1位の松本光史と同級3位の川名雄生が対戦。3R44秒、松本がスリーパーホールドで一本勝ち。第12代王者に就いた。
 両者は昨年7月に松本の持つ環太平洋のベルトの川名が挑戦するかたちで対戦。ジャッジの一人が川名を支持する1-0の判定でドローに終わっており、文字通りの決着戦となった。
 1、2Rは小刻みなフェイントをかけながら動き回る川名が手数で勝り、優勢に試合を進める。2Rには川名の左フックがクリーンヒットし松本がダウン。川名は追撃のパウンドを放つが、松本にしのがれ最大の勝機を逸した。
 3R開始早々、松本はパンチで突っ込んできた川名を組み止めケージに押し込むや素早くバックを奪い、背中に乗りスリーパーホールド。川名は立ち上がり前転して松本をマットに叩きつけ脱出を図ったが、松本は離さずぐいっと絞め上げると川名はたまらずタップした。
 なお今大会はAbema TVでLIVE配信され10万ビューを記録。改めて修斗の根強い人気を示した。
【写真左】世界ライト級王者の斎藤裕が貫禄の勝利 【写真中】宇野は韓国のファンを寄せ付けずスリーパーホールドで一本勝ち【写真右】前田(右)は実力者・ランボー宏輔を破り扇久保戦をアピール(撮影・蔦野裕)