オバマ米大統領が広島訪問

2016.5.20〜2016.6.9 NEWS HEADLINE<PHOTO OF THE WEEK>
オバマ大統領は演説後、参列席に歩み寄り広島市西区の森重昭さんと抱擁(写真:Motoo Naka/アフロ)
 主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)のため訪日したオバマ米大統領は5月27日夕、広島市の平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花した。広島、長崎に原爆を投下した米国の現職大統領が被爆地を訪問するのは初めて。

 オバマ氏は、慰霊碑前での演説で「悲惨な戦争で罪のない人々が殺された。私たちは歴史を直視する責任を共有している」と述べ、大戦の全犠牲者を追悼する考えを強調した。オバマ氏は献花に先立って、原爆資料館を見学した。