今週の一言 2016.5.20〜2016.6.9 

 在職日数が1259日で在職歴代2位となった菅義偉官房長官「正直、就任した当時はこんなに長くとは思っていなかった」(6日の記者会見で)→聞かれても困るというか、そうとしか言いようないですよね。


 リオ五輪出場を逃したバレーボール男子日本代表の南部正司監督が自身の進退について「協会に任せる」(5日)→7日に日本バレーボール協会が17日開幕のワールドリーグまでの続投を取りあえず決定。


 北海道七飯町の山林に置き去りにされ、6月3日に6日ぶりに保護された田野岡大和君「許すよ。お父さん優しいから許す」(3日)→う〜ん…。


 アントニオ猪木氏が3日に亡くなったムハマド・アリ氏に対し「人生を闘い抜いたリングの友として、ご冥福をお祈りしたい。戦った後に芽生えた友情は、ボクシング選手よりも私のほうが深かった」(4日夕、東京都内で記者会見)→馬場も死に、アンドレも死に、アリも死に…。ライバルじゃないけど山本小鉄も柴田勝久も死んだ。猪木は見送ってばかりだ。


 女性タレントをツイッター上で脅迫したとして逮捕された岡山県新見市の才田美行容疑者「小金井のにのまえに、なりたいか?」からの「本当に本当にごめんなさい。ですから警察だけはやめて下さい。お願いいたします。もう絶対に絶対にしません」(6月1日、ツイッターで)→なんでこういうことするかな…。


 ドーピング違反で国際テニス連盟に2年間の出場停止を言い渡されたマリア・シャラポワ「不当に厳しくされた2年間の資格停止処分を受け入れることはできません」(8日、フェイスブックに声明を投稿)→でもやっちまったからなあ〜。