SBの危機に北斗拳太郎が立ち上がる!? 3連勝で王座挑戦アピール

KO賞のトロフィーを持ちポーズを決める北斗。試合中はもちろん上着は脱いで戦う(撮影・蔦野裕)
 シュートボクシング(SB)の年間シリーズ第3弾『SHOOT BOXING 2016 act.3』(6月5日、東京・後楽園ホール)で北斗拳太郎が田中STRIKE雄基を1R終了時KOで破り3連勝を飾った。

 北斗はその名のとおり、人気漫画『北斗の拳』のコスプレで人気を博す格闘家。一見、イロモノっぽいが現日本スーパーウェルター級王者の坂本優起に2連勝中と実力は折り紙つき。

 これまでは外敵としてリングに上がっていたが、今回はSB側の人間としてHEATを主戦場とする田中を迎え撃ち、ヒザ蹴りと右フックで2度のダウンを奪いKO勝ちを収めた。

 試合後は「ボス神拳伝承者・北斗拳太郎だ。今日はこのような素晴らしいリングに上げていただき、シーザー老師ありがとう。今日、実は私の大切な友人が遠いところに旅立ってしまう。なので今日は必ずKOで勝って見送りたいと思っていた。それが実行できて良かった。話は昨日に戻るが、シーザー老師に用意されたSB代表としての外敵退治、見事KOで勝つことができた。SBのベルトをかけてそろそろやる準備を始めていきたいと感じているが、シーザー老師、少しでもいいので考えてくれ。今日はボス神拳を使う間もなく倒してしまったので、天空崩山拳は次回に持ち越しだ。SBの掟は俺が守る」と最後まできっちりキャラを守り通して、シーザー武志シュート協会会長にタイトル挑戦をアピールした。

 メーンではSB世界スーパーライト級王者の鈴木博昭に連勝中のタップロン・ハーデスワークアウトとMASAYAが対戦。MASAYAにとっては抜擢のメーン出場だったが、3R25秒、KOでタップロンが勝利を収めた。

 北斗に連敗中の坂本はバグダッド・ジャダンとの国際戦に臨み、互角の打ち合いを繰り広げたが0−2の判定で敗れた。
 シーザー会長は「いい試合が多かったが、SB勢がふがいなかった」とこの日の大会を振り返った。

 またこの日は『Girls S-cup』(7月7日、東京・豊洲PIT)の開催を発表。SB世界女子フライ級王者RENAが初防衛戦を行い、「Girls S-cup 2015 −48kg日本トーナメント」王者のMIOが「−48kgアジア王者決定トーナメント」に出場する。