舛添都知事辞職で説明放棄

2016.6.10〜2016.6.23 NEWS HEADLINE <PHOTO OF THE WEEK>
(写真:つのだよしお/アフロ)
 東京都の舛添要一知事(67)が15日、政治資金「公私混同」問題などの責任を取り辞職する意向を固め、都議会の川井重勇議長(自民)に辞表を提出。都議会は全会一致で同意した。21日付で辞職となった。舛添氏は同日午後の本会議で辞職について「反省と心残りの念は尽きないが、全て自らの不徳の致すところ」と述べたが、疑惑についての説明はなし。17日に予定されていた定例記者会見も「もう辞める身なので説明することはない」と出席を拒んだという。

 辞職に伴う都知事選は7月14日告示、31日投開票となる。