K-1甲子園とK-1カレッジ開催。各3階級の決勝進出者決定

K-1甲子園決勝に進出した近藤、横山、椿原、軍司、西京、本間(左から)
 未来のK-1ファイターを目指す高校生による大会「K-1甲子園2016〜高校生日本一決定トーナメント〜」が7月30日、東京・GENスポーツパレスで開催された。

 昨年までは−55kgと−65kgの2階級でトーナメントが行われていたが、今年は−60kgを新設。3階級で計48人の選手がしのぎを削った。

 大会では準決勝までが行われ、決勝戦は11月3日のK-1代々木大会で行われる。
 各階級の決勝進出者は以下の通り。

 −55kg=椿原龍矢、軍司泰斗
 −60kg=横山巧、西京佑馬
 −65kg=近藤拳成、本間海
K-1カレッジ決勝に進出した森、桑田、野村、内田、洪(左から)。森井は大学の試験と重なったため、この日の一夜明け会見は欠席
 また7月31日には大学生を対象とした「K-1カレッジ2016〜大学生日本一決定トーナメント〜」が開催された。これはアマチュアの育成に力を入れるK-1が今年新設したもの。こちらもK-1甲子園同様−55kg−60kg、−65kgの3階級で開催され、計19人の選手がトーナメントを争った。

 大会では準決勝までが行われ、決勝戦は9月19日のK-1代々木大会で行われる。
 各階級の決勝進出者は以下の通り。

 −55kg=桑田裕太、野村優
 −60kg=森井洸介、内田道隆
 −65kg=森香津眞、洪敬堯