『怒り』試写会に15組30名 

【日時】9月7日(水) 18時30分〜【会場】一ツ橋ホール(神保町)
©2016映画「怒り」製作委員会 東宝配給
 芥川賞作家・吉田修一の原作と日本アカデミー賞受賞監督・李相日のタッグで映画化され、日本中に衝撃と感動を与えた『悪人』から6年。この2人がさらなる壮大なヒューマンストーリーに挑む。
「物語の登場人物には、映画『オーシャンズ11』のようなオールスターキャストを配してほしい」という原作者・吉田からの願いに応えるかのように、7人の豪華出演陣が集結。主演は、ハリウッドでの活躍はもちろん、初挑戦のブロードウェイ・ミュージカルでも絶賛された渡辺謙。千葉の漁村で娘と暮らす、しがない父親を演じる。他、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮﨑あおい、妻夫木聡といった人気・実力ともにトップクラスの俳優陣が、迫真の演技で重厚な人間ドラマを紡ぎ出す。

 八王子で起こった夫婦殺人事件。現場には“怒”の血文字を残した犯人は顔を整形して逃亡。行方不明のまま1年が経った。千葉の漁港で暮らす父子・洋平と愛子の前に現れた田代。東京の大手企業に勤める優馬が街で偶然出会った直人。沖縄の女子高生・泉が無人島で遭遇した田中。前歴不詳の3人の男の中に、あの殺人犯がいるのか? そして明かされる、衝撃の真実とは…。
 9月17日より全国東宝系にて公開。