『ジャズと落語』で和む夏

 1976年の創刊以来、若者のファッション、カルチャー、ライフスタイルをリードし続ける雑誌『POPEYE』の「ジャズと落語」特集の発売(8月9日)を記念し、全国のTSUTAYA・蔦屋書店では、CDレンタルコーナーや書籍・雑誌コーナーで、同特集と連動した展開やイベントを実施。知れば知るほど奥深い「ジャズと落語」で和む夏を提案する。

 CDレンタルコーナーでは、同紙で紹介されている数多くの落語家のCDをはじめ、天才現代ジャズシーンの最重要人物、ロバート・グラスパー・エクスペリメントの「ブラック・レディオ」等のジャズ作品に加え、TSUTAYAのジャズ好き・落語好きスタッフによるオススメ作品も展開。また、書籍・雑誌コーナーでは、伝説のジャズ評論家、故・植草甚一の著書や、同紙で紹介されている立川談春著「現代落語論」などの書籍のほか、掲載しきれなかったPOPEYE編集部オススメ本も展開。

 さらに、同特集で「はじめての落語」という原稿を執筆した俳優の中島歩を講師に招き、8月26日(金)に、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIで「はじめての落語」講座を開催。中島は2013年、美輪明宏主演の『黒蜥蜴』に新人ながら抜擢されデビュー。その後、NHK連続テレビ小説『花子とアン』で、多くの人気を集めた正統派イケメン俳優。しかし、その見た目や雰囲気からは想像もつかないが、大学時代には、日本大学芸術学部の落語研究会に所属し、高座に上がっていたという経歴を持つ。そんな中島が、落語に目覚めたきっかけや、好きな落語家や噺、寄席の楽しさ、そして落語に秘められた快楽などを語る。この夏、ジャズと落語にどっぷりとつかってみては? 人生の新たな楽しみが見つかるかも?!

 詳細は店舗公式サイト( http://real.tsite.jp/ttr/event-news/2016/08/tsutayapopeye.html )をチェック!
『ジャズと落語』
【展開店舗】TSUTAYA 札幌琴似店、函館 蔦屋書店、TSUTAYA 横浜みなとみらい店、TSUTAYA 馬事公苑店、TSUTAYA 三軒茶屋店、SHIBUYA TSUTAYA、代官山 蔦屋書店、TSUTAYA 梅田堂山店、TSUTAYA BOOK STORE TENJIN、TSUTAYA 天神駅前福岡ビル店

『はじめての落語』
【日時】8月26日(金)19時〜(18時30分受付開始)【場所】TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 2階 特設イベントスペース【参加方法】TSUTAYA TOKYO ROPPONGI の店頭・EC にて、イベント参加チケット(税込1500円)を購入した人先着50名が参加できる
ともし火で心をひとつに「ハッピーハヌカー!」
東京タワー60年の歴代アテンダント衣装がカワイイ「東京タワー 歴代制服復刻展」
ミニシアターのシネコン「アップリンク吉祥寺」開館
セブンスターが50周年限定パッケージ
もっとも革靴が似合う人にテリー伊藤、菊地亜美、岡千秋! 「靴のめぐみ祭り市」で授賞式
天野喜孝氏プロデュースの三味線、赤いくノ一「シャウラ」世界へ