3人にとってE-girlsとは!? Shizukaさん、SAYAKAさん、楓さん(E-girls)

ラジオ番組『JAPAN MOVE UP』毎週土曜日21時30分〜 TOKYO FMで放送中!
第177回 8.20 OA より
 話は季節柄、リオデジャネイロ・オリンピックの話に。競泳男子200メートルバタフライで、銀メダルを獲得した坂井聖人選手は、E-girlsのファンで、ライヴにも足を運んでるようです。

「すごくうれしいです。少しでも自分たちのライブがいい息抜きになったりパワーになってくれたらいいなって思います」(Shizuka)

 E-girlsは個々のグループの集合体。3人にとってE-girlsとは?

「今があるのはE-girlsがあるからかなと感じている。ホームでもあるし、常にみんなの刺激でありたいと思える、そんな存在」(Shizuka)

「今まで知らなかった自分のふり幅というのも新たに発見できたりする場所。みんなが輝けて、みんなの夢がかなう場所」(楓)
「E-girlsがあったからこそ今の自分もあって、夢の場所というかいろんなことをかなえられる場所かなって感じます」(SAYAKA)

 そんなE-girlsの新曲「Pink Champagne」がリリースされました。

「舞台は80年代のディスコミュージックにトロピカルクラブサウンドをプラスしたE-girlsとして新しいダンスミュージックを提案した曲。どういう反応が返ってくるんだろうというワクワクも詰まった楽曲になっています」(Shizuka)

「ダンスもいつものE-girlsとは違ったスタイリッシュでカッコいい振付になっています」(楓)