格闘家イケメンファイル Vol.55 豪傑が世界を翔る 武田飛翔(たけだ・ひしょう)

撮影・神谷渚
 この日、VTJ8thのカード発表のため、京都から上京した武田飛翔。ラフな格好をしている選手が多い中、ピンストライプのスーツで会見に臨んだ。「関西風にいうとシュッとしてきた(笑)」と笑う。

「こういう言い方をすると語弊があると思うし、誤解されるかも知れないけど、僕は格闘家は人生の中のウォーミングアップだと思っている。それは引退してからの人生のほうが長いんだから当たり前。だから今からアンテナを張り巡らせて、格闘技以外の事にも気を配っているんです。今日だって、どんな出会いがあるか分からないですよね。その時に短パンとTシャツとかだったら、その出会いを逃してしまうかも知れない。礼儀ということもそうですが、格闘家っぽい格好をしていないほうが、一般の人に受け入れられやすいというのもあります。すべては総合格闘家にやりがいと誇りを感じてるという前提があってのこと」

 スタートは柔道。

「ずっとサッカーをやっていたのですが、中学で転校した学校が柔道の強豪校だったんです。そこで柔道を始めたのが、今につながるきっかけですね。他の選手に比べ超ド素人でしたが、翌年、全国大会に出場するまでになって、その時の経験値が今の自分の根底にあります。それはみんなと同じことをやってもダメだということ。逆に違う事をやる。だって中学で柔道をやった時は、2~3年、いやそれ以上5~6年も自分より長く柔道をやっている子がほとんどだった。その中で、人より腕立て伏せを10回多くやるとか、量を増やしても勝てないんですよ。だったら、腕立てはみんなと同じぐらいやって、それ以上の事は別の事をやろうと。そうすれば結果が出るというのが、感覚で分かるんです。のし上がるためには、他の人と違う事を常にしていかないとダメだと」


撮影・神谷渚
 経験が浅い中、柔道で結果を出した武田は、その後格闘家の道へ。

「柔道のオリンピック選手になりたいという思いはありましたが、同時に将来は何かビジネスをしたいとも思っていた。ですから、現役中も自分を世間にアピールして、その基礎固めをしたいと。その時に、なんか柔道ではしっくりこないというか…。そこで、将来につなげられ、自分にぴったりな職業は何かなと考えた時に、格闘家になろうと思いました。それで上京して、いろいろジムを探して、桜井“マッハ”速人さんのマッハ道場に入りました。実は上京した時に、親に1年でプロになれなかったら、格闘家になるのは諦めろと期限を決められていた。大学にも行かず、就職もせずお前だけ好きな事をするのは違うだろうって言われて。それで、何が何でも1年でプロになると決めて、すぐに選手権に出始めて、予選を勝ち抜いて、全国大会で優勝。プロ昇格し、関西に帰りました」

 格闘技を夢を見られる職業に。

「友達が大学生活を謳歌している中、俺だけ新聞配達のめっちゃ安いアパートに住んで、毎日、新聞を配っていた。その時は、ほんま、見とけよって。お前らよりいい嫁さんもらって、いい車に乗って、いい家に住んでやると。昔みたいに、地上波で格闘技を放送していないので、僕みたいな若いやつが成功して世の中に出ないと、僕よりも才能がある今の子どもたちが、どこであこがれを持つんだろうって。格闘技に夢を見ようにも見られる場面がない。そのためには今頑張らないとやばいという気持ちは常に持っています。そして将来的には、格闘技に関するビジネスをしたい。僕自身、格闘技に生かされているので、この業界になにか貢献できれば。そのためには、せめてフォロワーが1000ぐらいにならないと。300は少ないわ(笑)」

 格闘技の魅力と次回の試合について。

「格闘技は白黒はっきり分かるスポーツ。そしてそこに生きざまも出る。だから他のスポーツにはない緊張感がある。ど突き合いが評価されるって非日常じゃないですか。そういうちょっと非現実的なものを見せられる唯一のスポーツだと思うんですよね。99対1で負けていても、勝つというドラマがある。理屈抜きにテンションが上がるスポーツだと思います。今度の試合では、こいつ次はどんな動きをするんだろうっていう予想のつかない試合をしたい。緊張感のある試合をするのは当たり前。その上で非現実的な技をお見せできたら。予測不可能な試合をします」

撮影・神谷渚
1991年4月10日生まれ、京都府出身。173㎝。高校卒業後、単身上京し第18回全日本アマチュア修斗選手権ミドル級優勝&プロ昇格を果たす。現在は修斗を主戦場とし活躍。9月19日(月・祝)、浦安市の舞浜アンフィシアターで開催されるVTJ8thに出場。山本勇気(パラエストラ千葉)と対戦が決定。ニックネームは“西の豪傑”。現在、フリーとして活動をしている。試合情報は→ http://www.shooto-mma.com/http://www.shooto-mma.com/ で。Twitterアカウント:@HishoTakeda