話題作『キング・オブ・エジプト』主演 ブレントン・スウェイツ

【SPECIAL INTERVIEW】ハリウッド次世代スターとして大注目!
 神秘の古代エジプトを、映画館でアトラクションのように体感できるアドベンチャームービーが公開! 奪われた恋人を取り戻すため難関に立ち向かう主人公ベックを演じるのは、オーストラリア出身のイケメン俳優ブレントン・スウェイツ。『マレフィセント』の王子役でブレイクし、来年は『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作が控える、今一番注目したいハリウッド俳優を直撃!
撮影・蔦野裕
「実は先日まで京都を観光していたんだ。自転車で街を巡って、すごく楽しかったよ」と、今回の来日をすっかり満喫している様子のブレントン。他に何か日本のことで興味を持っていたことは?

「スモウレスリングだね。ずっと観戦したいと思っているんだ。僕はもともと武術にすごく興味を持っていて、相撲だけじゃなくて空手とか剣道とかも見てみたいと思っているんだ。子供のころ、少しだけ空手をやったことがあるよ。映画の中で刀を使ったアクションの経験もあるけど、いつか本格的な稽古に挑戦してみたいと思っているよ。相撲をするには、もっとチョコを食べないといけないね(笑)」

 笑顔もキュートなブレントン。その最新主演作『キング・オブ・エジプト』は『アイ、ロボット』のアレックス・プロヤス監督が、神と人間が共存する古代エジプトを舞台に描く冒険スペクタクル。ブレントンが演じる主人公ベックは、快活で機転の利く若き盗賊。王位を狙う砂漠の神セトのクーデターに巻き込まれ、恋人ザヤをとりもどすべく、王位奪還を目指す天空の神ホルスとともに困難なミッションに挑む。ベックを待ち受けるのは、巨大ピラミッドの迷宮やスフィンクスの謎かけ、仕掛けだらけの神殿など困難な試練の数々。スリル満点のアクションも本作の見どころだ。

「アクションについては、映画に入る前にもしっかりトレーニングをして撮影に臨みました。でも、もともとぼくはサッカー少年で15年くらいサッカーをやっていたこともあるし、運動は得意なほうだからね(笑)」

 その運動神経の良さが、本作のアクションでも存分に生かされたようだ。

「すべてではないけど、スタントを使わずに自分でアクションをしなければならないシーンも少なからずあったので、そこは今回のチャレンジングな点だったと思う。あと、難しかったのは目線だね。ホルスやセトといった神々は人間より大きいという設定なので、神々と対話するシーンではここらへんに顔がある、と想定した部分に目線を向けながら演じなくてはいけなかったんだ」

 エジプト出身のプロヤス監督から、何かエジプトまつわる話は?

「いろいろ教えてもらったよ。古代エジプトがどれだけ“古代”かということとか(笑)。あと“ピラミッドの作り方”も聞いたんだけど面白いと思ったね。今回の映画では残念ながらその部分に焦点があてられてはいないけど、監督が生み出したイマジネーション豊かな架空の古代エジプトの世界を楽しんでもらえる作品になっているよ」

 古代エジプトの神々、恐ろしいモンスター、黄泉の国や太陽神が生きる天空、そして神秘的な秘宝…。イマジネーション豊かな映像は見ごたえ満点。

「世界を救うため、ベックたちが取り戻そうとしている“ホルスの目”は、実際に2種類の大きさの精巧な模型が作られたんだ。大きいものは僕ら人間が持つとき用で、小さいものは体の大きな神が持つ場合に使うもの。実際にLEDライトが仕込まれていて、ギュッと抑えると光を発することができるんだ。とてもきれいだったよ」

 そんな壮大な世界観を共に作り上げた共演者たちの顔ぶれも豪華。ベックと共闘する神ホルス役にはドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズでブレイク中のニコライ・コスター=ワルドー。敵対する神セト役にはジェラルド・バトラー。太陽神ラー役には名優ジェフリー・ラッシュ。ヒロインのザヤ役は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のコートニー・イートンが好演。

「ジェラルドはすごくエネルギッシュで面白い人。もう見ているだけでもパワーがみなぎっているのが分かるんだ。ジェフリーはものすごく細かな部分にもこだわる方で、自分の考えもしっかりと持っている人。その集中力もものすごくて、彼の姿勢も本当に勉強になった。一番多く一緒に過ごしたのはホルス役のニコライだった。彼とは役の上でよく言い合いをしていたけど、実際に撮影の合間にはよくおしゃべりをしていたよ。本当に楽しくて、一番好きだったな(笑)。コートニーはとてもかわいらしい女性。僕にとっては、コートニーとのシーンは、唯一人間同士で演技できる貴重なシーンだった。それ以外だと、クリーチャーだの神だのが相手役だから(笑)」

 アンジェリーナ・ジョリー主演の『マレフィセント』では、エル・ファニング演じるオーロラ姫を、真実の愛のキスで目覚めさせるフィリップ王子役で、一躍、注目を集めた。本作の後も、2017年8月公開予定の『パイレーツ・オブ・カリビアン 5/Dead Men Tell No Tales』でジョニー・デップと共演する。着実にスターへの階段を上っているブレントンだが…。

「家に戻ったらオーディションというミッションが僕を待っているよ(笑)。ユニークな作品から娯楽大作まで大小さまざまな作品に出演できていること、そしてすばらしい役者や監督たちと仕事していることを、本当に幸運だと思っている。本作のニコライやジェラルド、ジェフリー・ラッシュもそうだし、これまでのジェフ・ブリッジス、ユアン・マクレガー、メリル・ストリープといったすごい俳優たちと共演して直に学びとることができたんだからね。それにみんなとても優しくて、僕のような若手もきちんと信頼してくれた。本当に感謝しているよ」

 目指す理想の俳優像とは?

「ラッセル・クロウの力強さと、ヒュー・ジャックマンのカリスマ性を備えた俳優かな。どっちもオーストラリア人だね(笑)」

 ところで、劇中ではさまざまな能力を持った神々が登場するが、もし自分が神の能力を手に入れられるとしたらどんな能力を望む?

「海の神の力だね。波を永遠に作り続けてサーフィンを楽しむんだ(笑)」
 終始、気さくな笑顔でインタビューに応えてくれたブレントン。今後も次々と話題作を引っ提げながら、気軽に日本を訪れてほしい!(THL・秋吉布由子)
©Photo Courtesy of Lionsgate.
『キング・オブ・エジプト』

監督:アレックス・プロヤス 出演:ブレントン・スウェイツ、ニコライ・コスター=ワルドー、コートニー・イートン、ジェラルド・バトラー、ジェフリー・ラッシュ他 日本語吹き替え版 声の出演:玉森裕太、永野芽郁他/2時間7分/ギャガ配給/TOHOシネマズスカラ座他にて公開中  http://gaga.ne.jp/egypt/http://gaga.ne.jp/egypt/  2D/3D