ありえない設定のあり得る物語 MU『狂犬百景』

 今年で17年目を迎える三鷹市芸術文化センターの名物企画「Mitaka“Next”Selection」。将来性に満ちた若手劇団を招へいし上演するもので、多くの劇団の飛躍のきっかけとなり、また後に岸田戯曲賞を受賞する劇作家も多く現れている。

 今年の第2弾となるのがMU。本作は2014年に初演され、観劇したこの企画の担当者が招へいを決めた作品。それを改訂し再演する。

 脚本・演出のハセガワアユムが描く作品は「ありえない設定のあり得る物語」。

 本作は狂犬が街にあふれ、人間たちが一歩も外に出られなくなった東京が舞台。そこで描かれるのは、まるでゾンビの如く溢れる狂犬たちに追われ、屋内に逃げ込んだ人間たちが手に入れた、全く新しい風景。そしてそれでもなお「犬より人間のほうが優位である」という無意識が産み出す、恐怖と罪と葛藤と笑いが展開される。

 ゾンビ映画に愛情とオマージュを捧げつつも、一線を画して描く4つの短編連作からなる大長編。


MU『狂犬百景』

【日時】10月1日(土)?10日(月・祝)(開演は1日19時、2・6・9・10日14時、4・5・7日19時30分、8日14時/19時。3日休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前)【会場】三鷹市芸術文化センター 星のホール(三鷹)【料金】全席自由席・日時指定・入場整理番号付 一般 前売3000円、当日3300円/学生2000円、高校生以下1000円(前売・当日とも。当日学生証提示) ※早期観劇割引(1・2・4日)、平日マチネ割引(6日)は一般のみ各300円引き。【問い合わせ】三鷹市芸術文化センター(TEL:0422-47-5122 [劇団HP] http://www.mu-web.net/ )【脚本・演出】ハセガワアユム【出演】古屋敷悠(MU)、青木友哉、井神沙恵、真嶋一歌(リジッター企画)、沈ゆうこ(アガリスクエンターテイメント)、佐野功、佐々木なふみ、古市みみ、植田祥平、大塚尚吾、青山祥子、山崎カズユキ(ECHOES)、森久憲生(TANGRAM)、菅山 望、森口美香、加藤なぎさ、浜野隆之(下井草演劇研究舎)、成川知也、星秀美(レティクル東京座)、NPO法人(ポップンマッシュルームチキン野郎)、長尾友里花(柿喰う客)、黒岩三佳(キリンバズウカ)