今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵 ANAインターコンチネンタルホテル東京「カスケイドカフェ」(溜池山王)

 おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
「ロブスターのパエリア」
 テーマ別ディナーブッフェで人気のカスケイドカフェで、『バルセロナ・シーフード・ブッフェ』が開催中というタレコミが。早速調査に向かった。

 今回のフェアはスペイン・バルセロナの人気レストラン「マルティネス」のシェフチームが、本場の味を再現。スペインの中でも美食の街バルセロナのカタルーニャ料理は、海の幸とその素材の旨みを生かしているのが特徴。まずは冷えたスパークリングワイン、カヴァで乾杯し、タパスから「鱈の塩漬け白インゲン豆とフレッシュトマト」「バルセロナのポテトサラダガーリックマヨネーズ風味」「スペイン産生ハムとカントリーブレッド」そして、ムール貝や帆立、タコなどをオリーブオイルで漬けた伝統的な缶詰などなどを、ワインやビールと一緒につまむ。それらを一通り楽しんだあとは、「伝統的な魚貝とジャガイモの煮込み」「海老のソテー ガーリック、トマト、カイエンペッパー」など、郷土料理っぽいものをいただく。これが素朴でウマいのよ。魚貝の旨みとシンプルな調味料だけで煮込まれたジャガイモは、日本でいえばおばあちゃんの煮っ転がしのような温かさ。ほっこりと、まじいやされるー。

 そして、今回の調査で探偵が一番楽しみにしていたパエリア。パエリアはどこの家庭でも作られる国民食で、それぞれの家庭で作り方や味にこだわりがあるんだとか。そんなパエリアにはうるさいバルセロナっ子が認めた「マルティネス」から今回は「ロブスターのパエリア」「イカ墨のパエリア「本場の魚介満載のパエリア」の3種類が登場。ちょっと芯を残しながらも、リゾット風に炊き込まれた米が魚介の旨みを全部吸っている。一口食べると、鼻に抜ける海の幸の香りと、舌に残る魚や貝のうまさの競演。なるほど、これが伝統的でありながら、洗練されたパエリアというやつなのだな。日本にいながらにして、地元っ子が愛する味を手軽に味わえる絶好のチャンスをぜひお食べ逃しなく!
1. 「イカ墨のパエリア」2.「ローストしたパプリカ、茄子のピューレとアンチョビ」3.「伝統的な魚貝とジャガイモの煮込み」
『バルセロナ・シーフード・ブッフェ』

【期日】10月14日(金)まで
【住所】港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京「カスケイドカフェ」
【時間】平日18?21時30分/土日祝日(2部制)第1部 17?19時、第2部 19時30分?21時30分※いずれもラストオーダーは30分前
【料金】大人:6090円(6680円)、65歳以上:4990円(5500円)、4?8歳:3400円(3600円)※( )内は土日祝。価格はサービス料、消費税別
【予約・問い合わせ】03-3505-1185
【今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵】CEDAR THE CHOP HOUSE&BAR(六本木)
夏に向け健康的な体づくりを!
【今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵】ル・パン・コティディアン 東京ミッドタウン店(六本木)
フォトジェニックな自分だけの「ピノ」を作ろう!
タパスウィーク開催! 
店長はメフィラス星人!?