腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!「もやもや女子におすすめの一本」

演劇創作ユニット「mizhen」主宰 演出家/脚本家/俳優 藤原佳奈さん 大学まで京都に。「演劇をやろうかな」ということで東京に来て、ENBUゼミのノゾエ征爾クラスへ。劇団名は“見ずにはおれへん”の略なんだとか。
「mizhen」と書いて「ミズヘン」と読む。脚本家で演出家の藤原佳奈が主宰する演劇創作ユニットだ。10月5日から約1年半ぶりの公演となる『夜明けに、月の手触りを?2016?』を新宿のSPACE梟門で上演する。同作は昨年の劇作家協会新人戯曲賞最終候補作品だ。

「26歳の時に書いた旗揚げ作。この作品で、佐藤幸子、佐藤蕗子とともにmizhenを本格的に始動しました。20代後半の女性たちの話なので、30歳までに再演したいという思いはもともとありました。劇作家協会の戯曲賞に応募して、審査員の方からいろいろ言葉をいただくなかで、作品を振り返る機会があり、今がちょうどいいタイミングなんじゃないかと思って、今回再演することにしました」

 20代後半の女性が見ると…。

「ずしずし来るみたいです。20代後半に差し掛かると、30歳を見据えて、なんだかもやもやした不安だったり焦りだったりが湧き上がってきて、この手触りを残しておきたい、と思ったのがこの作品を書くきっかけでした。29歳になった今、多少諦めが出てきて、また少し違った角度からその感触を捉えています。わたしは日本で女性が生きるなかで感じることにとても興味があるのですが、劇中のもやもや女子たちを見ることは、同世代だけでなく、面白いんじゃないかなと思います」

 とりあえず「もやもや女子」本人と、そういう女子の面白さに興味のある方はぜひ!


mizhen『夜明けに、月の手触りを?2016?』
【日時】10月5日(水)?10日(月・祝)【会場】SPACE梟門(新宿)【料金】前売り3300円(※Peatix取り扱いのみ)、当日精算・当日券3500円【問い合わせ】mizhen(TEL:080-3701-0912 [HP] http://www.mizhen.info/ )【脚本・演出】藤原佳奈【出演】小野寺ずる(□字ック)、神戸アキコ、佐藤幸子(mizhen)、佐藤蕗子(mizhen)、橘花梨