山本美憂黒星デビューも「負けて終わるわけにはいかない」【9・25 RIZIN】

 総合格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦」が9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催された。

 今大会は全13試合中3試合女子の試合が組まれ、中でもセミのRENA vs山本美憂戦は当日放送されたフジテレビの番組中では“メーン”の扱いと、大きな注目を集めた中で行われた。

 RENAはシュートボクシング(SB)の絶対女王で昨年大晦日の総合格闘技(MMA)デビュー戦では鮮やかな飛びつき腕十字を決め一本勝ちを収めるなどプロの世界のキャリアは美憂を上回る。しかし美憂はMMAデビュー戦でありながら、女子レスリングで世界選手権を3度制したキャリアと山本“KID”徳郁、山本聖子といった日本が誇る格闘一家の一員ということもあり、どちらが勝つのか戦前の予想は割れていた。

 試合は美憂が得意のタックルで追い込んだが、グラウンドでの有利な体勢から蹴り上げを食らい形勢逆転。最後はタックルに固執したところをアームトライアングルチョークに捕らえられ、1R4分50秒で無念のギブアップ。デビューを飾ることはできなかった。

 難敵を破りMMA2連勝となったRENAはSBばかりでなくMMAでも日本の女子格闘技を引っ張っていく存在となった。今後のMMA参戦については「ここまでいった以上、次はやらなきゃいけないんだろうなとは思っているんですけど。とりあえず11月11日にシュートボクシングの試合があるので、そっちが終わって考えます」と話した。

 山本は「悔しい。これが打撃のある試合なんだなって思いました。タックルに入れたのはよかったんですが、もうちょっとグラウンドでコントロールできれば。それができなかったので下からの蹴りで…。あれで自分の中でというか、試合中の集中力がどっかいっちゃったかな。くらっと来ましたね。MMAの洗礼を受けたのかなって思います」と試合を振り返った。

 今後については「まだ始めたばかりなので。しかも負けて終わるわけにはいかない。火が付きました」と再挑戦を約束した。

 自らの試合の前には息子のアーセンがMMA初勝利を挙げたが「良かったです。アーセンが勝ってくれたから自分も続こうって思ったんですが、そううまくはいかなかったですね(笑)。アーセンには“大丈夫。ママは強かったし、いい試合をした。大丈夫、俺もそうだったし。次は絶対勝つよ”って言ってくれた。リングチェックも気持ち良かったし、入場も気持ち良かったし、試合の時も“これがMMAなんだ”って、レスリングにはなかった緊張感が素晴らしいものがあって。しかもそれにアーセンと一緒に出られたということがすごくうれしかった。でも自分の試合をあまり覚えていないので“大丈夫かな? いいところあったのかな?”ってそんな感じです。でもRIZINのすべてが私を虜にしたという感じ」と最後は笑顔を見せた。
藤田和之は試合後の会見で突然の引退宣言