『オケ老人!』試写会に25組50名

【日時】11月4日(金) 18時30分?【会場】有楽町朝日ホール(有楽町)
c2016荒木源・小学館/「オケ老人!」製作委員会 ファントム・フィルム配給
 アマチュア・オーケストラ、通称「アマオケ」の数が世界で一番多い国は、なんと日本! そんなアマオケの世界を舞台に描く、涙と笑いと感動の音楽エンターテインメント! 

 勘違いで老人ばかりの楽団・梅が丘交響楽団に入ってしまった主人公・小山千鶴役には、映画初主演となる人気女優・杏。バイオリン演奏と指揮にチャレンジし、成長していく女性主人公を生き生きと演じた。楽団のメンバー役には、笹野高史、左とん平、小松政夫、藤田弓子、石倉三郎といった個性派のベテラン俳優がずらり。ライバル楽団のコンサートマスター役に光石研。他、坂口健太郎や黒島結菜といったいま大注目の若手俳優も出演。原作は『ちょんまげぷりん』の荒木源による同名小説。『ぱいかじ南海作戦』の細川徹監督がメガホンをとった。

 梅が岡高校に赴任してきた数学教師の小山千鶴は昔、演奏していたバイオリンをもう一度演奏したいと地元のアマオケに連絡を取る。ところが目当てのエリート楽団・梅が岡フィルハーモニー(梅フィル)と間違えて、老人だらけの梅が岡交響楽団(梅響)に入団してしまう。 11月11日(金)より公開。