10月25日開幕!東京が映画の街になる【第29回東京国際映画祭】

Tokyo International Film Festival 2016
 秋の東京の風物詩、東京国際映画祭がいよいよ10月25日から開幕! 豪華なトップスターから未来の巨匠たちまで国内外の映画人とともに、厳選された映画を堪能する特別な10日間が始まる!
1.オープニング特別招待作品『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』主演のメリル・ストリープ、ヒュー・グラントも来日予定!c2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved 2.クロージング特別招待作品『聖の青春』c2016「聖の青春」製作委員会 3.今年フェスティバルミューズを務めるのは女優の黒木華
 日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭・東京国際映画祭(以下 TIFF)。29回目を迎える今年も、六本木をメインにさまざまなイベントと提携しながら東京全体で映画の祭典を盛り上げていく。TIFFからどんな才能が見出されるのかコンペの行方を見守ったり、公開前の話題作やレアな作品を鑑賞したり、映画人とティーチインで触れ合ったり。楽しみ方は無数!


第29回東京国際映画祭
【期間】10月25日(火)? 11月3日(木・祝)
【会場】六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) ほか 都内の各劇場および施設・ホール
【URL】 http://2016.tiff-jp.net/
頂点を目指せ! コンペティション部門

コンペティション

 才能あふれる新人監督から熟練の監督までを対象に、世界中から応募された中から頂点となるグランプリを選出するコンペティション。今年は98の国と地域から1502本もの応募があり、16作品が出品する。今年、審査にあたるコンペティション部門国際審査委員を務めるのはこの5人。国際審査委員長に『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』の巨匠ジャン=ジャック・ベネックス。審査員に日本の映画監督・平山秀幸、イタリアの俳優ヴァレリオ・マスタンドレア、ハリウッドの敏腕プロデューサーであるニコール・ロックリン、『宋家の三姉妹』の映画監督メイベル・チャン。

 16作品のうち日本からは蒼井優主演、松居大悟監督作『アズミ・ハルコは行方不明』と、杉野希妃監督主演の『雪女』の2本が選出されている。海外勢では、現代の情勢を反映してか移民を扱った作品も多く、それぞれの監督の視点の違いに注目しながら見比べるのも良さそうだ。コンペ作品のなかから自分のベストを見つけて、観客賞に投票してみて。
『I America』シネマラヤ映画祭2016で最優秀助演女優賞受賞作。監督はフィリピンのアイヴァン・アンドリュー・パヤワル
アジアの未来

 日本・中東地域を含むアジアの新鋭監督作が集うコンペ。今年もワールドプレミア作品を中心に10本が揃った。その国や地域の文化や、抱える問題を題材に撮り込んだ作品も多く、多様性にあふれたアジアの今を感じられる力作がずらり。監督やキャストが来場してのティーチインも開催されることが多いので、上映と合わせて参加してみて。
『島々清しゃ(しまじまかいしゃ)』アカデミー賞女優・安藤サクラ主演作。 c2016 「島々清しゃ」製作委員会
日本映画スプラッシュ

 無限のポテンシャルを秘めた日本のインディペンデント映画にフィーチャーしたコンペ。個性が強く独創的でチャレンジ精神にあふれた8本を選出。このなかから1作品に作品賞が贈られる。インディペンデント系ならではのユニークさや勢いを感じよう。また今年は“場外乱闘編”として安齋肇監督作『変態だ』などインパクト満点の3作品もあわせて上映。
スペシャルな豪華作品を厳選上映

 日本での公開を控えた、国内外の豪華な話題作を厳選上映する特別招待作品。オープニングを飾るのは、メリル・ストリープとヒュー・グラントという大御所俳優が共演の『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』。自らが絶世のオンチであることを知らずソプラノ歌手を夢見るマダムが音楽の殿堂カーネギーホールでのコンサートに挑むという実話をもとにした笑いと感動のドラマ。クロージングは松山ケンイチが早逝した天才棋士・村山聖を演じた感動作『聖(さとし)の青春』。この豪華な2作に加え、女優のんが声を務める感動のアニメーション『この世界の片隅に』のワールド・プレミアや小栗旬主演・大友啓史監督作『ミュージアム』、『ブレードランナー』続編の監督に抜擢されたヴィルヌーヴ監督のSF『メッセージ』、カンヌで話題騒然となったレフン監督の最新作『ザ・ネオン・デーモン(原題)』などを上映。

 特別上映としては、ピーボディ賞などの受賞歴を持つトーマス・レノンがメガホンをとった『SACRED?いのちへの讃歌』のワールド・プレミアや、幻の名作『黒い牝牛』などを上映。
世界へ届けたい!Japan Now

 今の日本映画が持つ大きな可能性、そしてそこから見えてくる日本の魅力を世界に発信すべく設立されたJapan Now部門。世界の人に届けたい作品を厳選してあるだけに、もちろん日本人も気になる作品ばかり。今まさに大ヒット中で社会現象となっている『君の名は。』や『シン・ゴジラ』にくわえ、TIFFが輩出した深田晃司監督の新作でカンヌで「ある視点」部門審査員賞を受賞した『淵に立つ』などの他、今年ヒットした宮藤官九郎監督作『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』などもラインアップ。世界の人がどんな目線でこの作品を楽しむのか、イメージしながら鑑賞してみるのも楽しそう。同部門では海外でも人気を誇る岩井俊二の代表作も特集上映。