一木美里のおいしくたべようの会 vol.11『甘いいたずらできるひと』

多岐にわたって活動している一木美里が、独自の視点で“食”をテーマに語る連載コラム。毎週火曜日更新。
 一木美里です。そろそろハロウィンですね!
 今週末の22日は日比谷のClubDIANAで行われるハロウィンイベントでDJします!何の仮装をしようかな?と悩み中です。
 ぜひ遊びに来てください?
ハロウィンバッグ 972円(税込)
「トリック・オア・トリート=おかしをくれなきゃいたずらするぞ!」という言葉がある。
 最近の日本ではすっかりハロウィンが浸透して、大人から子供まで、みんなこの言葉を知ってる。
 オレンジの色がこんなに街に溢れるのはこの季節だけ。

 ディーン&デルーカの前を通るとオレンジの色が鮮やかで吸い寄せられるように近づいた。
 イタリアのブラマルディのチョコレートとバーチディダーマのクッキーサンドが詰め合わされた透明のバッグはまさに大人のハロウィン。
 すぐ横にはオレンジ、ブラック、パープルの色たちでジャックオーランタンやコウモリ型のハロウィンモチーフのクッキーたち。
そのバッグとクッキーを手に取る。
アイシングクッキー 432円(税込)
 20歳頃から通っているネイルサロンは指先に魔法をかけてくれるような場所。
 世界のどこに行っても必ず、「そのネイルかわいいわね」と褒められるのは、どんな女の子の心もきゅんとさせるみんな共通のかわいいを製造してくれる場所だからなんだと思う。
 いつも大人の魅力と無邪気な可愛らしさの同居したネイリストさんたちがつくるネイルは、天使のいたずらみたいだなとも思う。一度味わうと虜になってしまうようないたずらが生み出すキラキラ。
 ハロウィンイタリアンチョコレートバッグを差し出してから、今日もまた指先を最高にかわいくしてもらう。
 ブラマルディのトリュフは誰もが小さい頃から好きな甘い香り。
 そしてコアントローは口に入れた瞬間にお酒の香りが口いっぱい広がるの。
 オレンジの風味がかすかに効いたリキュールの大人のチョコレートは、ずっしりとした重厚感。
 小さい子には差し出せない大人のハロウィンスイーツ。
バーチディダーマはクッキーサンド、甘いお菓子は子供のハロウィンバスケットにも入れてあげたくなる定番。
 おうちに帰って、そのクッキーを食べようと出して、「FinalSong」の最後のフレーズが頭の中にやけに残ってこだまするのがわかる。
 パンプキンのアイシングクッキーと自分のネイルのキラキラを眺めていた。
 無邪気な子供たちはまだ、誰にでもそんな言葉を投げかけられることを許されてるけど、大人ってそういうわけにもいかないの。
 小さなイタズラごころの脅しを言える相手、あなたにいますか?
あなたは誰に言う?「トリック・オア・トリート」。
一木美里 Misato Ichiki
歌手、DJ、SamanthaThavasaグループブランドレップ。
1989年12月6日生まれAB型。学生時代より読者モデル、リポーター、バックダンサーなど多岐に渡って活動。
SNSや雑誌を通してファッション、ライフスタイルを発信中。
【公式instagram】?? https://instagram.com/misato_ichiki/
【江戸瓦版的落語案内】皿屋敷(さらやしき)
脱こじらせへの道 第50回 性欲と美容の相関関係って?
【鈴木寛の「2020年への篤行録」】第46回 日本の高校が輩出するグローバルリーダー
【江戸瓦版的落語案内】あたま山(あたまやま)
黒谷友香『友香の素』vol.176 最近の「読書」。
【長島昭久のリアリズム】変貌するアジア太平洋地域と日本の安全保障(その弐)