若いうちにチャレンジを!廣末紀之さん(ビットバンク代表取締役社長)

ラジオ番組『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』
毎週土曜日21時30分〜 TOKYO FMで放送中!
第184回10.8 OAより
 廣末さんは野村證券に入社後、GMOインターネットの常務取締役、ガーラの代表取締役社長などを経て、2014年にビットバンクを起業。常に何かにチャレンジしているという印象を受けますが。
「好きなんでしょうね。性格だと思います。自分の興味や関心がある事を自分の手でやりたい。成功しても失敗してもいいんですけど、まあできれば成功して(笑)、自分の思うようにやってみたいんです。それをせずに後で“あれをやっておけば良かったな”っていうのはいや。とりあえずやっておけば、後々自分の人生、満足できるんじゃないかって思うんです」
 なかなかチャレンジする勇気がない人も多いと思いますが…。
「アメリカでは就職せず在学中に起業する人も結構いる。日本の学生も増えていますし、今はインターネットの登場でとにかく企業コストが下がっていますので、やる気と少々のお金と仲間とアイデアがあれば、とりあえずはチャレンジできる。僕はチャレンジの回数をもっと増やすべきだと思うし、総じてチャレンジをできる構造にしなきゃと思っています。あのカーネルサンダースは65歳で起業した。だから20代、30代、40代、まだまだできると思うので、ぜひチャレンジしてほしい」
 そんな廣末さんの元気の秘訣は?
「いろいろな物に好奇心を持つこと。そして新しい事にチャレンジする。私自身死ぬまで今までやったことがないことをどんどんやる事で、常に精神的に若くいたいなと思っています」
ラジオで日本を元気にする番組『JAPAN MOVE UP』
毎週土曜日21時30分〜 TOKYO FMで放送中!
ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!! 
http://www.jfn.co.jp/moveup/

2018年の世相を示す「今年の漢字」に「災」
チケット高額転売規制法成立で室伏氏「多くの方にオリ・パラ観戦の機会をもたらすことができる」
セブンスターが50周年限定パッケージ
【平成昭和物語 半世紀前の秋葉原を想う ~松波無線~】秋葉原は家電の街ではなくインドアホビーの街 時代時代によって、何度でもよみがえる
「バブリーダンスで世界を目指す」Dream Ayaさん、澤井宏文さん、AKANEさん
【今月の“人”】ジョージ・H・W・ブッシュ氏