大丈夫?って思ったでしょ!?【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】

シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎II ワンピース』宣伝 小松平成美 さん 押しメンは「坂東巳之助さん。ゾロとボン・クレーを演じているんですがそのギャップがたまりません! 中村隼人さんのサンジもカッコいいんですよね?」。歌舞伎女子、ここに誕生か。
 ええ、思いました。歌舞伎で『ワンピース』って…それ、大丈夫!? と。「上演が決まった時、実際にそういう声は少なからずあったようです」と宣伝の小松平さん。

「でもそれが実際に上演されると、『ワンピース』の世界観が見事にスーパー歌舞伎になっていると絶賛の声が広がってチケットが完売状態になることもありました」。そんな話題作がついにシネマ歌舞伎として公開。公演を見逃した人も楽しみでしょうね。

「公演を見たかった方、衣装やセットなどの細かいところも改めてじっくり見たい方にもオススメなんですが、本作は一本の映画として楽しめるのもポイントです。ルフィ役を演じている座長の市川猿之助さんの希望もあって、子どもや年配の方も楽しめるよう2時間以内に編集されています。さらに映像も舞台をそのままただ映しているのではなく、カットごとに視点を変えたり、カメラを動かして臨場感のある映像を使うなど、シネマ歌舞伎ならではの見ごたえを楽しめますよ」。

 もともと歌舞伎はお好きだったんですか?
「実はそれまで歌舞伎座で観劇したことが無かったんですが、本作をきっかけに実際の舞台も見てみたくなり…歌舞伎座に通うようになりました(笑)。古典作品は気がねしてしまうという人でも、スーパー歌舞伎なら私のような初心者も夢中になれますし、さらに気軽に見ることができるシネマ歌舞伎は、子どもから大人にまでお薦めしたいです。若くてイケメンの役者さんもいっぱいいるので若い女性はとくに!」。江戸時代の女子も、こうして歌舞伎にハマっていったんだろうなあ…。
c尾田栄一郎/集英社・スーパー歌舞伎II『ワンピース』パートナーズ
シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎II ワンピース』
松竹配給 東劇・新宿ピカデリー他にて公開中  http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/onepiece/