11・11 S-cup メーンのRENAの相手はブラジルのMMA&ムエタイ王者

用意されたノヴァスのボードでバックドロップの予行演習のRENA
 日本シュートボクシング(SB)協会は24日、東京・浅草花やしきで会見を開き『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2016』(11月11日、東京・TDCホール)でメーンを務めるRENAの対戦相手がブラジルのMMA&ムエタイ王者キンバリー・ノヴァスとなることを発表した。ノヴァスは世界女子ムエタイトーナメントの金メダリスト。

 RENAは「ブラジルの選手と戦うのは初めてなので楽しみ。相手は映像で見たんですが、イケイケで全然止まらないな、という感じの選手。久々に打ち合ってみたい。すごく下半身がどっしりして、パンチのある選手なので投げづらいとは思うが、そこを引っこ抜いて、かっこよくバックドロップで投げたい。投げて絞めて倒して、最後はパンチでも関節技でも終わらせる術を持っているので、状況に合わせて仕留めたい」と話した。

会見に出席したMIO、シーザー会長、RENA(左から)
 Union朱里と「SB女子ミニマム級王座決定戦」を戦うMIOも登壇し「念願の48kgのベルトができるということで気合が入っている。今まではトーナメントのベルトで48kgの一番と言えることがなかったので、今回はしっかり勝って48kgで私が一番だと堂々と言いたい。(過去3勝している)Union選手とはこの試合でしっかり勝って最後にしたい」と話した。
点灯式では東MAXとRENAがボタンを押した
 またこの日は会見に先立って、花やしきが新しくスタートするイルミネーション企画『~ロマンチックイルミネーション ルミヤシキ~』の点灯式が行われ、 “ルミヤシキアンバサダー”を務めるお笑いタレントの東MAXとともにシーザー会長、RENA、MIOが参加。

 駆け付けた多くのファンに“大人のための夜の遊園地”となった花やしきの魅力をアピールした。

 このイルミネーションは10月30日~来年3月30日まで18時30分~21時の間で行われる。