「Krush.71」12.18 稲石竜弥 vs 安保璃紅 インタビュー

12月18日(日)に東京・後楽園ホールで開催される『第5代Krush-60kg王座決定トーナメント・一回戦』に出場する稲石竜弥選手(チームOJ)と安保璃紅選手(TRY HARD GYM)のインタビューを公開。
cGood Loser
稲石竜弥、変幻自在のファイトスタイルでKrush-60kgのベルトを奪い去る!「安保選手に初黒星をつけて、忘れられない思い出にしてやろうかなと思います」

12月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で安保璃紅と対戦する稲石竜弥のインタビューを公開!
――4・10「Krush.65」でのKrushデビュー戦は見事な勝利でした(“DYNAMITE”髙橋佑太に判定勝利)。初めてのKrushのリングはいかがでしたか?

「最高でしたね! お客さんも熱狂的な人が多くて、他の大会とは違うものがありました。ただ僕、前回の試合で減量が終わってリカバリーでちょっと体重を増やしすぎちゃったんです(苦笑)。それで本来の動きができなかったので、今回の試合ではバッチリのコンディションで臨みたいと思います」

――稲石選手はずっと-60kgで試合をしてきて、いつかはKrushで戦ってみたいとは思っていたんですか?

「結構前から自分のジム(TEAM OJ)のTURBФ先輩がKrushに出てて、ずっと『Krushアツいな』と思っていました。だから今回は念願のKrush-60kgの王座獲得へ向けて頑張りたいです」

――今回、-60kg王座決定トーナメントのオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「嬉しかったですね!」

――2009年のKrushライト級GPにTURBФ選手が出場されていましたが、稲石選手は会場で見ていたのですか?

「はい、会場で見てましたね。石川直生選手との激戦を生で見てました。そんなKrushのベルトがかけられたトーナメントに出ることになって感情深いものがありますね」

――トーナメント一回戦の相手は、プロ無敗の安保選手になりました。9月のBigbangの試合でも無敗の相手と対戦してKO勝利していますが、対戦相手が無敗だったりすると燃えますか?

「ああ…燃えるかもしれないですね。多分、今まで僕は無敗の選手に負けたことがないんですよ。だから今回も安保選手に初黒星を付けて、忘れられない思い出にしてやろうかなと思います」

――無敗の相手と試合する時は、対戦相手の方が注目されることが多いと思います。そのような相手に勝って「ほら見ろ!」と思うのが気持ち良いんですか?

「そうですね。期待されてる相手を潰すのは気持ちいいですね」

――対戦相手として安保選手にはどんな印象を持っていますか?

「倒し合いをしているようなイメージがあって、面白い相手だと思います」

――安保選手のような前にガンガン来るタイプは得意ですか?

「カウンターを合わせたりできるので得意ですね。それに前に出る選手に対して、僕が前に出て潰したりもできるので楽しみです」

――今回のトーナメントはワンマッチ形式での長丁場のトーナメントになります。それを勝ち抜くためには何が必要だと感じていますか?

「集中力を切らさないようにしたいです。スケジュールもびっちりなんで、怪我をしないように相手をぶっ壊して勝ち上がりたいですね」

――今回のトーナメントは色んなタイプの選手たちが出場します。その中で稲石選手はどんな部分を見せたいですか?

「自分は他の選手にないファイトスタイルなので『こんな奴いるのか!すごいな!』って見てる人に思わせたいですね」

――稲石選手のファイトスタイルは独特でトリッキーですが、なぜあのようなファイトスタイルになったんですか?

「TEAM OJに入った時からあんな感じだったんですけど、そこで会長が変に矯正しないで『稲石はそのまま伸ばしていこう』となったので、今のスタイルが出来上がりました」

――では他のジムだったら今のトリッキーなファイトスタイルにはなってないかもしれないですね。

「恐らくそうですね。他のジムだったら全て型にはめられてたと思うので、TEAM OJでよかったです」

――試合でも自由に思うままに戦うのが一番やりやすくて、試合していても気持ちいいですか?

「試合中も考えながら、相手のここを攻めたら嫌だろうな…と思いながら戦っています。まぁ自由に戦っていますね」

――稲石選手にとってKrushのベルトにはどんな想い入れがありますか?

「すごくKrushのベルトは欲しいです。けど一番はお婆ちゃんにKrushのベルトをあげて、Bigbangのベルトと2本持たせられるようにしたいですね(笑)」

――最後に試合を楽しみにしているファンの皆さんへ一言お願いできますか?

「Krushで自分のスタイルで大暴れするので皆さんよろしくお願いいたします!」
cGood Loser
12・18「Krush.71」安保璃紅、プロ無敗の新鋭が-60kg王座決定トーナメントを若さと勢いで突っ走る!「気持ちと気持ちのぶつかる熱い試合をしてベルトを獲る」

12月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で稲石竜弥と対戦する安保璃紅のインタビューを公開!

――前回の試合(「Krush.69」VS三輪裕樹、2RKO勝ち)がKrushデビュー戦で、壮絶な試合になりましたが、試合を振り返ってみていかがでしたか?

「反省点になることがいっぱいあって、昨日もトレーナーたちと一緒に試合を見直してました。ダメなところがいっぱいあったので1つずつ改善して、パンチなども、もらわないように次の試合に向けてしっかり練習していこうと思いました」

――Krushのリングで試合をして勝てたという点に関してはどう感じていますか?

「それはめちゃくちゃ自分の中でデカくて、インパクトを残せたと自分では思っています」

――今までは関西で戦ってきて、現在はお兄さん(瑠輝也)と同じくTRY HARD GYMに所属されていますが、上京してきて環境を変えた一番の理由はなんだったんですか?

「関西にいるときよりも練習したいと思ったのが一番大きかったです。あとはお兄ちゃんと一緒に練習した方が絶対に強くなれると思って東京に来ました」

――関西から上京するにあたって、色んな選択肢があったと思います。その中でTRY HARD GYMを選択したのは、他のTRY HARD GYMの選手たちのようにKrushで試合をしたいという目標や夢もあったんですか?

「そうですね。Krushに出たくて、もちろんKrushのベルトも欲しいし、活躍したい主戦場だったのでTRY HARD GYMにしました」

――対戦カード発表会見の際に「中学生の頃から(Krushを)見てました」という発言がありましたが、Krushを今まで見ていて、どんな印象を持っていましたか?

「昔からずっと見ていて、自分もKrushに出たいと思っていたし、Krushのベルトもずっと欲しいって思っていました。そして色んな強い選手もいるし、その選手たちとも戦いたいです。自分の実力がどんなものか試してみたいなと思っていました」

――環境が変わって、Krushで1試合戦ってすぐに今回の-60kg王座決定トーナメントのオファーが来た時はどんな心境でしたか?

「嬉しいっていう気持ちが一番大きかったですね。めっちゃ大きいチャンスなので絶対にモノにしたいなと思っています」

――今回のトーナメントは安保選手よりもキャリアのある選手に立ち向かっていく試合が多くなると思います。その中で自分のどんな部分をぶつけてトーナメントを勝ち抜きたいですか?

「ベテラン選手にも勝る、勢いと若さで戦っていきたいです。キャリアは負けてると思うので、気持ちでは絶対に負けません。そういうところをぶつけていきたいですね」

――安保選手が自信をもっているところはどこですか?

「僕は小さい頃から空手をやってきて、世界トーナメントにも出場したこともあるんですけど、やっぱり気持ちの強さですね。それに自分は三兄弟の三男なので昔、兄弟にいじめられて、メンタル面は凄く鍛えられてきました(笑)。なので気持ちでは絶対に負けないです」

――小さい頃からずっと格闘技をやってきて、戦うことや格闘技をやることは当たり前でしたか?

「当たり前ですね。昔から学校に行くよりも格闘技って感じでした(笑)」

――今回のトーナメントを楽しみにしているファンの方々にどんな試合を見せたいですか?

「気持ちと気持ちがぶつかる熱い試合を見せたいですね。あと技術ももっと磨いてキッチリ倒せる姿を見せたいですね」

――ここまでプロになって無敗ですが、この勢いのまま一気にベルトも獲りたいですか?

「はい。これからも負けたくないって気持ちが一番強いです」

――若くして活躍するプロ選手の中には、プロでも負け知らずのままキャリアを積む選手もいます。安保選手もそういった新時代の選手として活躍したいという気持ちはありますか?

「もちろんそうですね。負けたくないって気持ちと勝ち続けたいって気持ちで戦っていきます」

――それでは最後にファンの皆さんに一言お願いできますか?

「12月18日、熱い試合をするのでよろしくお願いします!」

〈主催のグッドルーザーより〉
Krushイベントスケジュール(2016.10.28現在)

12月18日(日)後楽園ホール
2017年
1月15日(日)後楽園ホール
2月18日(土)後楽園ホール
3月3日(金)後楽園ホール
4月2日(日)後楽園ホール
5月28日(日)後楽園ホール
7月16日(日)後楽園ホール
8月6日(日)後楽園ホール
8月20日(日)名古屋国際会議場イベントホール
9月8日(金)後楽園ホール
10月1日(日)後楽園ホール
11月5日(日)後楽園ホール
12月9日(土)後楽園ホール
※大会は都合により変更・延期・中止となる場合があります。